ソラコムとAI Dynamics JapanがAIカメラ活用で連携、無料で3つのアルゴリズムが期間限定で利用可能に

ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソラコムとAI Dynamics Japanは8月31日、AIカメラエッジ「S+ Camera Basic」の活用にて連携。AI Dynamics JapanのAIアルゴリズムが2ヵ月間、期間限定で無料で提供される。

 S+ Cameraはセルラー通信機能を内蔵するほか、遠隔からAIアルゴリズム書き換えが可能なエッジ処理カメラ。2020年7月の提供開始以降、交通量調査や入退室管理、倉庫のリアルタイム荷物管理、商業施設における混雑度の可視化など様々な画像解析ソリューションが実現されている。S+ Cameraでは自作のAIアルゴリズムのほか、ソラコムが提供する「定期画像送信」「物体検出」「文字読み取り」など9種類のサンプルアルゴリズムが利用できる。

 今回、AI Dynamics Japanが今秋提供に向け開発を進めるAIアルゴリズムのなかから、一部先行して「滞在人数カウント」「物体検知アラート(車、バスなどの乗り物)」「ラーメン種別推定」の3つを無料で提供。8月31日~10月31日の期間、利用者はS+ Cameraの専用コンソール画面から、使いたいAIアルゴリズムを選択してインストール操作をすれば利用可能。

 ソラコムでは、引き続いてS+ Cameraで利用できるAIアルゴリズムをパートナーと連携して拡充するとしている。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月