• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

10月7日に発売を迎えるオープンワールドFPSの最新作

注目のFPS「ファークライ6」を最速プレイ! 大規模マップや戦略性に富んだ銃撃戦、ゲリラ革命を描くストーリーに圧倒された

2021年09月01日 10時00分更新

文● イチえもん 編集●ASCII

10月7日に発売される、ユービーアイソフトのオープンワールドFPS「ファークライ6」。プレビューイベントに参加し、発売前のファークライ6を一足先に体験できた

 ユービーアイソフトの「ファークライ」シリーズは、広大なオープンワールドを舞台にしたFPSだ。1作目、2作目はオーソドックスなオープンワールドFPSだったが、「ファークライ3」以降はアクロバットなアクションと、凶悪な「ヴィラン」(悪役)が主な特徴になり、今では同社の看板タイトルとして多くのユーザーから高い支持を得ている。

 筆者自身も楽しみにしているシリーズ最新作の「ファークライ6」が、10月7日にリリースされる。今回、筆者はプレビューイベントに参加し、発売前のファークライ6を試遊する機会を得た。本記事では、ファークライ6のプレイフィールなどを紹介する。

今度のファークライはゲリラ革命!

 ファークライ6の舞台は、カリブ海の中心に位置する熱帯の楽園「ヤーラ」が舞台。このヤーラを支配する独裁者のアントン・カスティロを倒すべく、元軍人のダニー・ロハス(男女いずれかを選択)は個性的……いや、クレイジーな仲間たちとゲリラを結成する。手に汗握るゲリラ革命と、アントン・カスティロの悪行が本作の見どころだ。

今度の舞台は、独裁者アントン・カスティロが支配する熱帯の楽園「ヤーラ」。主人公のダニー・ロハスは仲間たちとゲリラを組み、アントン・カスティロ率いる国防軍と戦うことに

 今回のプレビューイベントでは、ストーリー序盤を数時間ほどプレイ。ヤーラは森林などの自然にあふれる島だが、国防軍の拠点が至るところに点在している。序盤に登場する孤島はファークライ3と同程度といった印象を受けたが、隅々まで探索するにはかなりの時間を費やすことになりそうだ。その反面、それだけ探索し甲斐があるということを意味している。

 なお、マップを確認したところ、序盤の孤島はほんの一部にすぎず、その近くにはさらに大規模な島が存在するのだ。島全体はファークライシリーズ初となる広さで、初見でマップを確認した際はあまりの規模に思わず息をのんでしまった。同社のオープンワールドミリタリーシューター「ゴーストリコン ワイルドランズ」「ゴーストリコン ブレイクポイント」に引けを取らない規模であると感じた。

序盤の舞台となる孤島。一見すると規模は小さく見え、ファークライ3に近い規模と思われる。だが、これはほんの一部にすぎず、近隣の島が本番といった感じだ

 広大なマップを探索するうえで、乗り物である「ビークル」は実に欠かせない存在だ。これもファークライシリーズの特徴の1つだが、本作では定番の「車」に加えて、新たに「馬」と「戦車」が登場する。

シリーズ恒例の「車」は健在

 馬も衝撃だったが、モンスター級のビークルといえる戦車も登場するとは思いもしなかった。マップの規模はもちろん、ビークルのバリエーションもクレイジーに進化している。なかでも戦車はビークル界最強というべき存在で、思いきっり大暴れしたいプレイヤーの願いを叶える魅力的な要素といえる。

新たなビークル、というよりもペットの「馬」。まさか馬に乗れる日が来るとは思わなかった

一番の驚きは「戦車」。こうなるともはや戦争レベルだが、ぶっ飛んだファークライシリーズらしさが伺える

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう