このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第300回

山根博士のグロスマレビュー

これが日本未上陸OnePlusのミドルハイだ! 「Nord 2 5G」は400ドル台の価格以上の実力

2021年08月25日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カメラスペックはハイエンドに匹敵!

 カメラはメインに5000万画素と高画質のものを搭載。センサーは他社の上位モデルも採用するソニー「IMX766」を採用。メインカメラの写りは申し分ない。またモノクロセンサーを搭載しているため、写真のディテールをよりはっきりと表現できる。超広角は800万画素とやや画質的に物足りないものの、日常的なシーンでの撮影において上位モデルに匹敵する写真を撮影することができそうだ。

ソニーIMX766をメインカメラのセンサーに搭載する

 カメラのモードは「夜景」「動画」「写真」「ポートレート撮影」「その他」。ポートレート以外では「0.6倍」「1倍」「2倍」「5倍」をワンタッチで切り替え可能。倍率部分を長押しすると0.6倍から最大10倍まで自由に選択できる。なお2倍以上はデジタルズームだ。ポートレートでは1倍と2倍の切り替えが可能、ぼかしは1から100の間で変更できる。

(左)カメラ起動。(中)ズーム倍率は0.6倍から10倍まで。(右)ポートレートはボケを自在に変更できる

 写真モードでは画面上にあるラインを下にスワイプすることでアスペクト比やタイマー、5000万画素のON/OFF切り替えができる。動画モードでも同様だ。なお、4Kビデオは30fpsまでとなる。その他のモードではアウト/インカメラの同時撮影やプロ写真モードの「エキスパート」、全画面動画が撮影できプロモードを備える「映画」などがある。

(左)写真モードの設定画面。(中)ビデオモードの設定画面。(右)その他モード

 以下、作例を紹介する。5000万画素カメラは標準撮影では約1200万画素(4096×3072ドット)で撮影される。クリックでオリジナルサイズの写真を表示する。

超広角撮影(3264×2448ドット)

標準撮影(4096×3072ドット)

5000万画素撮影(8192×6144ドット)

デジタル2倍撮影(4096×3072ドット)

デジタル10倍撮影(4096×3072ドット)

香港の街の風景を標準撮影(4096×3072ドット)

香港の街の風景を標準撮影(4096×3072ドット)

食事を標準撮影。マクロ非搭載のため、寄れるのは10cmまで(4096×3072ドット)

ポートレート撮影でぼかし100%(4096×3072ドット)

夜景モード撮影

【まとめ】スマホ10万円は出せないけど
低スペックはNGという人に

 OnePlusブランドのスマートフォンながら500ドル以下で購入でき、必要十分なスペックを誇るOnePlus Nord 2 5G。10万円超えのモデルには手が出ない、しかし低価格モデルでは満足できない、そして5G対応モデルが欲しい、という多くのユーザーニーズにこたえる製品に仕上がっている。ハイエンドモデル嗜好の強い日本でも十分通用する製品と感じられるだけに、ぜひOnePlusの日本上陸も期待したいものだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン