• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022December

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

ミニアクリルスタンドが当たるプレゼントキャンペーンも実施中

キズナアイとのコラボシナリオを収録!Jホラーゲーム『つぐのひ』がSteamで配信中

2021年08月17日 19時55分更新

文● ASCII

 PLAYISMとバカーが運営するゲーム連載メディア「ゲームマガジン」は8月13日、ImCyan氏が開発したJホラーゲーム『つぐのひ』をPC(Steam)で配信した。価格は、980円だ。

 本作では通常のシナリオのほか、追加シナリオとしてバーチャルタレントのキズナアイとのコラボレーションシナリオ「アイの亡き声」も収録している。

 また、ミニアクリルスタンドが当たるTwitterでのプレゼントキャンペーンも実施中。こちらの期間は、2021年8月20日9時30分までとなる。

PC(Steam)版『つぐのひ』PV

以下、リリースを引用

実況累計再生回数5400万回以上を誇る伝説のホラーゲーム、バーチャルタレント キズナアイとのコラボシナリオを収録し、PC(Steam)に登場!

 『つぐのひ』は、2012年からImCyan氏がふりーむなどで発表し、近年はバカー社が運営するゲームマガジンに掲載されているタイトルで、これまでに全世界でゲーム実況が5400万回以上再生され、伝説的な人気を博してきたホラーゲームです。

 今回、バーチャルタレント キズナアイとのコラボシナリオ「アイの亡き声」を含むシリーズ9編を一挙収録し、日本語・英語・中国語(簡体字)と3言語対応した新たな『つぐのひ』がPC(Steam)にて配信開始いたしました。

「アイの亡き声」(Steamオリジナル新作)

 配信を終え帰路につくキズナアイは、どこか見覚えのある奇妙な世界へ……。

 

PC(Steam)版リリース記念!! 『つぐのひ』ミニアクリルスタンドプレゼントキャンペーン開催!

 今回のPC(Steam)版発売を記念し、2021年8月6日から21日までDUB GALLERYにて開催されております、『つぐのひ』初のポップアップストアでのみ販売されているトレーディングミニアクリルスタンドのプレゼントキャンペーンを開催いたします。

 @PLAYISMJPをフォローいただき、当該アカウントからのキャンペーンツイートをRTしていただいた方の中から抽選で10名様にプレゼントいたします。

*アクリルスタンドの種類はお選びいただけません。
*当選者の方にはDMでご送付先をおうかがいいたします。いただいた個人情報は、本プレゼント送付以外には使用いたしません。

PC(Steam)版に収録される全9つのシナリオ

リマスター化された『日常侵食リアルホラーつぐのひ』第一話、第二話、第三話

 今回のPC(Steam)リリースにあわせて、画像をリマスター化し、恐怖演出を強化いたしました。

日常侵食リアルホラーつぐのひ 第一話

 学校帰りの男子中学生。いつもの帰宅路で妙な寒気を感じ……。

日常侵食リアルホラーつぐのひ 第二話

 部活帰りの女子中学生。いつもの交差点で異様な視線を感じ……。

日常侵食リアルホラーつぐのひ 第三話

 学校帰りの女子小学生、つぐみ。いつも入れ違いで買い物に行くおかあさんが失踪し……。

シリーズでも屈指の人気を誇る4つのシナリオ

「つぐのひ閉ざされた未来」

 学校帰りの女子高校生。何かあったのか、「やり直したい」とつぶやきながら帰るが……。

「つぐのひ -ねこのひ怪奇譚-」

 主人公はどこにでもいる猫。自分の縄張りをパトロールしに、おさんぽへ出るが……。

「つぐのひ -幽闇の並葬電車-」

 電車で塾へ通う女子中学生。毎日乗っている電車に異変が起き始め……。

「つぐのひ -囁く玩具の家-」

 閑静な住宅街にひっそりと佇む洋館。アンティークの玩具(おもちゃ)に興味をもった一人の少女が足を踏み入れる。そんな彼女の身に恐怖が忍び寄り……。

「アイの亡き声」に加え、PC(Steam)版のために新たに開発された「つぐのひ-霊刻の踏切り-」

 霊気漂う踏切りが舞台となる新作は、「つぐのひ~幽闇の並葬電車~」で登場した電車が走る踏切り。主人公の少女が生き写しの霊に引きずり込まれてしまうお話です。

【ゲーム情報】

タイトル:つぐのひ
ジャンル:日常浸食ホラーゲーム
配信:ゲームマガジン/PLAYISM
開発:ゲームマガジン/ImCyan
プラットフォーム:PC(Steam)
配信日:配信中(2021年8月13日)
価格:980円

   
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう