前へ 1 2 3 次へ

UWQHDの解像度で7万円切り

MSIの34インチ湾曲ディスプレー「MSI Optix MAG342CQR」が没入感ハンパない!

文●飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)から、「Optix」シリーズの上位モデルとして、34インチ湾曲ゲーミングディスプレー「MSI Optix MAG342CQR」が7月14日に発売された。

 ゲームプレイで没入感を高め、より集中して楽しむアイテムとして、湾曲ディスプレーがもてはやされているが、没入感を得るためにはある程度の大画面が必要。

 その点「MSI Optix MAG342CQR」は、アスペクト比が21:9で解像度がUWQHD(3440×1440ドット)の横幅810mmという幅広ディスプレーのため、包み込まれる感じがするほどだ。今回は、そんな製品をレビューする。

Optix MAG342CQR主要スペック
画面サイズ 34インチ
解像度 UWQHD(3440×1440)
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 1ms(MPRT)
パネル駆動方式 VA
表面 ノングレア
色域 sRGBカバー率:97.1%
AdobeRGBカバー率:94.64%
DCI-P3カバー率:92.57%
最大表示色 約10億7300万色
視野角 178°(H)/178°(V)
パネル表面曲率 1500R
輝度 300cd/m2
コントラスト比 4000:1
上下角度調節(チルト) -5°~20°
左右首振り機能(スイーベル) -30°~30°
高さ調整 0~90mm
インターフェース HDMI 2.0×2、DisplayPort 1.4×1、ヘッドホン出力×1
サイズ 810(W)× 270(D)×510(H)mm
重さ 6.91kg
実売価格 6万9800円前後

ゲーミング性能だけでなく高色域も実現

MSIの34インチ湾曲ゲーミングディスプレー「MSI Optix MAG342CQR」

 前回のレビューが29.5インチ、その前のレビューが27インチだったので、徐々にサイズアップしてきたのだが、本製品の34インチというサイズは、まったく迫力が違う印象だ。

 湾曲率は1500Rといずれも同じだが、前回から4.5インチだけ大きくなっただけでも、圧迫感が変わり、ディスプレーの前に座れば没入感はハンパない。湾曲ディスプレーは見やすさという点でも優れているが、没入感を得ようとするならこのぐらいのサイズは必要だろう。

 サイズは、810(W)× 270(D)× 420 ~ 510(H)mm。小さいデスクだと横がはみ出てしまうほどだ。調整幅は、チルトが-5度~20度。スイーベルが左右30度で、高さ調整は90mmとなっており、設置後に微調整が可能だ。

チルトは-5度~20度

スイーベルは左右30度

高さ調整は90mm

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月