前へ 1 2 3 次へ

これで3画面のシステムを組んでみたい!

湾曲率1000Rで没入感がさらにアップ!34型ゲーミングディスプレー、MSI「MPG ARTYMIS 343CQR」レビュー

文●飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)から、新ゲーミングディスプレーブランド「ARTYMIS」シリーズとして、湾曲率1000Rの34インチウルトラワイドディスプレー「MPG ARTYMIS 343CQR」が8月3日に発売された。

 従来モデルの湾曲率は1500Rだったので、一気に500Rもキツくなったことになる。製品をお借りできたので早速レビューしたい。

MPG ARTYMIS 343CQR主要スペック
画面サイズ 34インチ
解像度 UWQHD(3440×1440)
リフレッシュレート 165Hz
応答速度 1ms(MPRT)
パネル駆動方式 VA
表面 ノングレア
色域 sRGBカバー率:98.6%
DCI-P3カバー率:92.7%
最大表示色 約10億7300万色
視野角 178°(H)/178°(V)
パネル表面曲率 1000R
輝度 400cd/m2
コントラスト比 3000:1
上下角度調節(チルト) -5°~20°
左右首振り機能(スイーベル) -30°~30°
高さ調整 0~100mm
インターフェース HDMI 2.0 ×2、DisplayPort 1.4 ×1、USB Type-C(DP Alt mode)×1、USB 3.2 Gen1 Type-A(USB ハブ)×2、USB 3.2 Gen1 Type-B(PC接続用)×1、ヘッドホン出力 ×1
サイズ 795.3(W)× 315.6(D)×422.5(H)mm
重さ 約9.17kg
実売価格 11万円前後

1000Rになるとかなり包み込まれる感

34インチウルトラワイドゲーミングディスプレー「MPG ARTYMIS 343CQR」

 なんといっても、本製品最大の目玉は1000Rという湾曲率。従来の1500Rでもかなり曲がっていたし、画面に近づいて視線を少し移せば辺りを見回せるので、FPS系のゲームだとかなりプレイしやすかった。

 それが、パッと見でも違いのわかるくらい大きく湾曲しており、34インチウルトラワイドディスプレーという大画面とも相まって、さらに没入感が高まっている。1000Rという湾曲率だと、ほぼ視線を変えなくても周囲が見渡せるほどだ。

 サイズは795.3(W)×315.6(D)× 422.5(H)mmで、重量は約9.17kg。横幅があるのでかなりのデスクスペースは必要だが、没入感を得るためにはこのぐらいのサイズは必要だろう。

横幅はさらに湾曲になったので、800mmを切るまでに。それでもそれなりのサイズのデスクは必要だ。ディスプレー上部と左右はスリムベゼルを採用

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月