前へ 1 2 3 次へ

200Hz駆動に応答速度1msというMSIの本気

5万円切りの高コスパ!29.5インチで湾曲型のWFHDゲーミングディスプレー「Optix MAG301CR2」

文●飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゲーミングPCでゲームをプレイするなら、ディスプレーにもこだわりたい。でもそれなりのスペックだとお値段が……、とお悩みの貴兄に、エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)が本気を出してくれた。

 2021年2月に発売された「Optix MAG301CR2」は、29.5インチ湾曲パネルを採用し、リフレッシュレートは200Hz。応答速度も1msと高いゲーミング性能でありながら、5万円を切る価格で提供。そんな高コスパな本製品を紹介していこう。

Optix MAG301CR2主要スペック
画面サイズ 29.5インチ
解像度 WFHD(2560×1080)
リフレッシュレート 200Hz
応答速度 1ms(MPRT)
パネル駆動方式 VA
表面 ノングレア
色域 sRGBカバー率:90%
DCI-P3カバー率:81%
視野角 178°(H)/178°(V)
輝度 300cd/m2
コントラスト比 3000:1
上下角度調節(チルト) -5°~20°
左右首振り機能(スイーベル) -30°~30°
画面回転機能(ピボット) -90°~90°
高さ調整 0~110mm
インターフェース HDMI 2.0 ×2、DisplayPort 1.2 ×1、USB Type-C ×1、USB 3.2 Gen1 Type-A ×2、USB 3.2 Gen1 Type-B ×1(PC接続用)、ヘッドホン出力 ×1
サイズ 703(W)× 287(D)×512(H)mm
重さ 5.8kg
実売価格 4万9800円前後

湾曲ディスプレーながらピボットにも対応

MSI「Optix MAG301CR2」。湾曲ディスプレーで縦横比が21:9だとかなり横長に見える

 本製品は、29.5インチ湾曲VAパネルを採用し、解像度はWFHD (2560×1080ドット)という縦横比21:9の超ワイド仕様。パネルの曲率は1500Rで、画面に近づくと視野を覆い尽くす感じだ。

 リフレッシュレートは200Hz。応答速度は1ms(MPRT)で、HDRにも対応。視野角は178度と広く、FreeSync Premiumにも対応しているので、グラボが対応していればカクつきのない映像を楽しめる。また、アンチフリッカー機能やブルーライト低減機能も備えているので、目の疲れを低減させたいときに有効だ。

 本体サイズは703(W)×287(D)×512(H)mmで、高さは最大110mm、チルトは-5度~20度の調整ができる。スイーベルは左右30度と、調整幅は広く設置時に最適なポジションにできる。

スイーベルは左右30度

高さ調整は110mm。自由な高さに設定できるが、一番上から下ろすときは、可動部が固めのため少し力がいる

チルトは-5度~20度と標準的な調整角

 さらに、湾曲ディスプレーとしては珍しい、左右の90度ピボットも可能。スマホ並の縦長画面となるが、ブラウジングといったWeb閲覧に有効だろう。

ピボットにも対応。湾曲ディスプレーとしてはかなり珍しい。下面は机上ギリギリ

 左右と上部はスリムベゼルを採用しているので、2つや3つディスプレーを並べて設置しても、境目が目立たない。これは、縦画面のときも同様で、ゲーミングだけではない活用法を見いだせる。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月