前へ 1 2 次へ

最新の自作PC電源事情を紹介しつつ、「XPG Core Reactor 850W」をテストする

XPGの80PLUS Gold電源「XPG Core Reactor」は製品選びのポイントを好条件で満たす1台

文● 鈴木雅暢 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ここまで紹介してきたポイントを
すべて好条件で満たしているXPG Core Reactorシリーズ

 これまで見てきた、電源選びのポイントをすべて好条件で満たすのが、ADATAのゲーミングブランドである「XPG」からリリースされているXPG Core Reactorシリーズだ。奥行き140mmでフルプラグイン、+12V系シングルレール、80PLUS GOLDで低負荷時は700rpm運用が可能な14cm角ファン搭載で、内部のコンデンサはすべて日本製。保証期間は10年の長期保証。容量ラインナップも850W、750W、650Wと、システムに合わせてベストな選択ができるのもありがたいところだ。

XPG Core Reactor 850W

 850Wの大容量ながら奥行き140mmとコンパクトなボディーを実現したGold電源。+12Vシングルレールで850Wをフル利用できる。ケーブルはフルプラグイン仕様で、CPU用の4+4ピンコネクタを2基、グラボ用の6+2ピンコネクタは6基とハイエンド構成に対応する

XPG Core Reactor 750W

 総出力/+12V系出力が750Wであること以外は、付属ケーブル含めてXPG Core Reactor 850Wとほぼ共通の仕様をもつGold電源。ファンカーブは850Wモデルと微妙に違い、負荷率60%まで660rpm運用、70%で1000rpmへと上昇する

XPG Core Reactor 650W

 +12V系シングルレールで650Wを出力可能な総出力650Wの80PLUS GOLD電源。2基の4+4ピンが1本のケーブルになるなど超ハイエンド向けのケーブルが若干省かれている。ファンカーブは750Wモデルと共通で、負荷率60%まで660rpmの低回転動作だ

Amazon.co.jpへのリンク(850Wモデル)
Amazon.co.jpへのリンク(750Wモデル)
Amazon.co.jpへのリンク(650Wモデル)

高負荷時でも無音に近い動作音、電圧もド安定

 今回はXPG Core Reactorの最上位850Wモデルを利用し、GeForce RTX 3060 ti(8GB)を搭載したシステムで、AIDA64 Extremeのストレステストで最大負荷をかけて30分以上実行して各部の電圧推移を見た。

 画面のように各部の電圧はド安定。+12V系は約32分の間の最小値と最大値が0.12Vしかなかった。この後、3DMarkのTime Spy/Stress Test(20回)の実行直前から終了まで同じく電圧の推移を見たが、こちらも約20分間の+12V系電流の最小値と最大値の差は0.24Vときわめて安定していた。

AIDA64 Extremeのストレステストですべての項目にチェックをいれて実行した

AIDA64 Extremeストレステスト約32分間の統計画面

3DMark/Time Spy Stress Test(20回、約20分)実行直後のAIDA64 Extremeのモニター画面

3DMark/Time Spy Stress Test(20回、約20分)実行直後のAIDA64 Extremeの統計画面

 また、静音性も明らかだ。今回のシステムは完全ファンレスではなく、他のパーツの影響がある程度ある中ではあるが、電源自体の音に関しては、アイドル時でも高負荷時でも、耳を排気口の近くにほぼぴったりくっつけてみないと分からないほどだった。

 ちなみに、このシステムの消費電力は最大負荷時で311W。負荷率でいえば約37%。ファンカーブどおり、最大負荷時に負荷率が50%を超えないよう出力に余裕をもって使うなら、常時無音に近い動作音で利用することができることを実証した形だ。

テスト環境
CPU AMD Ryzen 5 3500
マザーボード MSI MAG B550 TOMAHAWK
メモリー XPG GAMMIX D20 DDR4(PC4-25600 8GB×2)
SSD XPG S50 lite 2TB
ビデオカード GIGABYTE GeForce RTX 3060 Ti GAMING OC PRO 8G
PCケース XPG INVADER
電源 XPG Core Reactor 850 Gold
消費電力と動作音
アイドル時消費電力 51.5W
高負荷時消費電力 310W
アイドル時動作音 35.1dB
高負荷時動作音 36.7dB
※高負荷時はAIDA64 Extremeストレステスト全実行時
※暗騒音34dB、PCケース背面電源排気口から10cmの距離で測定

最新トレンドと信頼性、価格が高いバランスで取れた1台

 冒頭でも紹介したように、電源ユニットは地味なパーツだが、重要な役割を担っており、PCシステムを安心して使うためには、最新の自作事情にフィットしつつ、品質的にも良いものを選びたい。

 今回取り上げたXPG Core Reactorシリーズは、その有力な選択肢としてオススメできる製品だ。前述したように、現在の電源選びのポイントを好条件で満たす最新仕様に、テストで実証した優秀な静音性、安定性を兼ね備える。さらに実売で1万円台半ばからと、高価すぎない価格も魅力だ。そして、保証は10年の長期保証。日本に拠点(エイデータテクノロジージャパン)を持ち、日本市場で長年の実績があるADATAのブランドなので、安心感という意味でも文句なしだろう。

Amazon.co.jpへのリンク

 

(提供:エイデータテクノロジージャパン)

 

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2020年
06月
07月
08月
09月
12月
2019年
03月
04月
05月
06月
10月
12月
2018年
05月
06月
08月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
2016年
01月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2015年
07月
08月
2014年
04月
06月
07月
2013年
02月
03月
06月
2012年
09月
2010年
01月
2003年
07月