このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第644回

今が旬の“窒化ガリウム(GaN)充電器”をいろいろ衝動買いしてしまった

2021年08月05日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ここ半年、気に入ったモノを衝動買いしていたら、いつの間にかこんなに溜まってしまった窒化ガリウム充電器やPD対応の小型ACアダプター

 実は電気の初歩的な知識もまったくないのに、前の会社でモバイルPCの商品企画に関わり出したころから、電池とACアダプターに関してはめちゃくちゃ興味を持っていた。スタートした頃は、まだニッカド充電池の時代でACアダプターはめちゃくちゃ大きく、モバイルPCもまだまだ重い時代だった。

 あれから四半世紀、モバイルPC本体と一緒に充電式のバッテリーやACアダプターも大きく進化した。

 昔から超軽量モバイルが大好きな筆者は、2021年の年初にThinkPad X1 Nano(実測932g)を、そして6月にはLIFEBOOK UH-X/E3ムサシ(実測627g)の軽量・超軽量2台のモバイルPCを手に入れた。しかし実際に両者を自宅から持ち出して使ってみると、軽量な分、バッテリーの持ちは少し心もとない。

Lenovo製も富士通製も純正の付属ACアダプターは、ケーブル込みで250g以上2

 製品付属の純正ACアダプターを本体と一緒に持って行けば、即解決する問題ではあるが、いずれもそのACアダプターは250gを優に超え、モバイルPC本体の30〜40%くらいの重量増になってしまう。このアンバランスは、四半世紀前も同じだった記憶がある。

 ThinkPad用には、昨年末までThinkPad X390を使っていた時に、本体メーカーとしては頑張ってる部類に入るわずか92gの純正オプション「Lenovo 45W USB‐C AC Portable Adapter」を手に入れていたので、それを引き続き使っていた。

以前、ThinkPad X390を使っていた時に買ったLenovo 45W USB‐C AC Portable Adapterは、実測92gとメーカー純正にしては頑張っている

 ちょうどその頃から、あまり聞き慣れない“窒化ガリウム”という半導体をUSB充電器のスイッチング回路に応用したという、超軽量で高性能な製品がいろいろなメーカーから発売されてきた。

 本来の凝り性と軽いモノ大好きから、すぐに小さくハイパワーなUSB充電器を手当たり次第に買って試してみた。今回、Ankerのベストバイ窒化ガリウム充電器の30W、45W、65Wの3台がそろったので、以前からお気に入りのCIOの窒化ガリウム充電器65Wと合わせて、自分にとってベストなモバイル充電器環境を探ってみた。

最近売り出し中のAnker 窒化ガリウムの団子三兄弟、上から30W、45W、65W

筆者が年初から愛用しているCIOの窒化ガリウムPD充電器 65W。今も、知る限り、世界最小・最軽量

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン