子どもと休みが合わなくても、バカンスに出かけて仕事しちゃえば良くない!?

<LAVIE N14>で夏休みにホテルのワーケーションプランで快適に過ごす方法

藤原達也(アヴァンギャルド)/編集●村野晃一(ASCII)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新型コロナウイルスが猛威を奮ってから一年以上がたち、その間、企業もさまざまな働き方を模索してきた。当たり前だった通勤が減り、テレワークをはじめオフィス以外で働く機会が増えた人も多いだろう。

 コロナ禍では、多様なワークスタイルに対応できるPCが求められる。そんな状況にうってつけのマシンが、今回レビューするNECパーソナルコンピュータの<LAVIE N14>だ。コンパクトな14型スリムノートPCで、テレワークやノマドワークなど、フレキシブルな働き方に対応できるモデルだ。

 子どもが夏休みに入り、どこかへバカンスに連れ出してあげたいと思っても、自分の休みが思うように取れない、という人もいるだろう。それなら子どもも連れてワーケーションに出かけてみるのはどうだろう。

 ワーケーションは「ワーク」と「バケーション」を合わせた造語で、テレワークと同じくコロナの感染が拡大する中で、制度として取り組む企業も拡がりつつある。実際、多くの旅館やホテルがワーケーションプランをラインアップしており、地元の温泉や観光地をアピールするだけでなく、宿泊施設内でいかに快適に仕事ができるかを謳うホテルも増えてきた。

 在宅勤務でのオンライン業務が主である今なら、お子さんはお母さんと一緒に海や山で遊び、お父さんは旅館やホテルでお仕事、というワーケーションスタイルでの仕事もやりやすいはずだ。

お子さんはお母さんとバカンスを満喫!

お父さんは海の見えるバルコニーでリフレッシュしつつ、仕事ができちゃうかも!?

※写真はイメージです。

 そこで今回は、<LAVIE N14>シリーズの上位モデルである<LAVIE N1475/BA>をワーケーションで使ってみることにした。

 ホテル滞在中でも自宅やオフィスと同じように作業ができれば、仕事が忙しくても夏休みに入った子どもをバカンスに連れて行ってあげることができる。自分がリフレッシュしたいときにももってこいだ。いつもとは違う環境で利用して、使い勝手をチェックした。

実際にホテルでワーケーションを体験!<LAVIE N14>でどこまで快適に仕事ができるか試してみた

ワーケーションプランのあるホテルでなら、仕事も滞りなく進められる

第11世代Core i7プロセッサー搭載、Wi-Fi 6対応で仕事が捗る!

 最初に、<LAVIE N1475/BA>の基本的なスペックを確認しておこう。

<LAVIE N14>

<LAVIE N1475/BA>の主なスペック
型名 N1475/BAシリーズ
OS Windows 10 Home
CPU インテル® Core™ i7-1165G7(最大4.70GHz)
ディスプレイ 14.0型ワイドスーパーシャインビュー LED IPS液晶(フルHD)
メモリ 8GB
内蔵ストレージ SSD(PCIe) 約512GB
無線通信機能 Wi-Fi 6(2.4Gbps)対応(IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth®
セキュリティ 顔認証カメラ(Windows Hello対応)
オフィスアプリ Microsoft Office Home & Business 2019
サイズ 約327(W)×225.7(D)×19.2(H)mm
(突起部を除く)
質量 約1.47kg

 CPUは、第11世代 Core™ i7-1165G7。メモリは8GBだが、購入時に本体を預けて16GBまで増設するサービスに申し込むことも可能だ。SSDは約512GBで、大容量の写真データや動画データを多く保存する人にも使いやすい。

 通信環境はWi-Fi 6にも対応しており、利用するワーケーション先のホテルなどにWi-Fi 6環境が整っていれば、高速な通信速度でより快適に作業ができる。今回利用したホテルも、ワーケーションを謳うだけあってWi-Fi 6環境が整備されていた。

長時間駆動&コンパクトで、移動中もたっぷり使える“ちょこっとモバイル”仕様

 バッテリー駆動時間は、JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)で約12時間。ホテルへの移動時間中もバッテリー残量を気にせず作業ができた。本体サイズは、約327(W)×225.7(D)×19.2(H)mmで、宿泊用の旅行バッグのほかに持ち運ぶことを考え、普段より小さめのバッグに仕事用具と一緒に詰め込んだのだが楽に収まった。ディスプレイはIPS液晶を搭載しており、左右から覗き込んでもきれいな映像を楽しめる。移動中に家族で写真や動画等を見たい、といったニーズにも応えられて便利だ。

本体サイズは、約327(W)×225.7(D)×19.2(H)mm。14型のコンパクトなスリムノートなので、普段より小さいバッグにも楽に収まる

IPS液晶を搭載しており、横から覗き込んでもきれいな映像を楽しめる

 一般的に<LAVIE N14>のような14型ノートPCはモバイルPCに分類されるが、13型以下のノートPCのように、いつでもどこにでも持ち歩いて、思い立ったらその場で即開く、という使い方よりは、落ち着く先を求めて別の場所へ持っていって、しっかり使うという、よりノマドっぽい使い方が合っている。ワーケーション先のホテルなどでも、部屋での作業に飽きたら、ロビーのラウンジやテラスに出て作業するといった具合に、“ちょこっとモバイル”するのに適しているのだ。

コンパクトでもキーボードは打ち心地良好

 持ち運んで利用するマシンは、キーボードの打ち心地にもこだわりたい。せっかくのワーケーションに、外付けキーボードや本体角度をつけるためのスタンドなど、余計な荷物を持っていく余裕はない。

 <LAVIE N14>のキーピッチは19.4mmで、14型のモバイルノートとしては余裕がある。キーストロークは1.4mmとやや浅めだが、打ち心地は良好だ。また、リフトアップヒンジによりキーボードに角度をつけることができるのも打ちやすさ向上のポイントだ。

キーボードの配列はクセがなく、キーピッチは19.4mmと余裕がある

14型のモバイルノートとしては打ち心地は良好だ

リフトアップヒンジを搭載しており、キーボードに角度が付いて打ちやすい

 Bluetooth®マウスが標準で付属しているのも嬉しい。電池1本で約1年使える。また、マウス利用時にタッチパッドをオフにするのも、キーボードから簡単にできる。

Bluetooth®マウスが標準で付属している

タッチパッドを使わないときは、ON/OFFを簡単に切り替えられる

高品質な音でWeb会議や映画鑑賞が快適に

 新型コロナウイルスの感染拡大よって利用頻度が増えたオンライン会議も<LAVIE N14>なら快適だ。注目ポイントは、「ミーティング機能」。これにより、参加者それぞれの音量を均一にしたり、スピーカーから聞こえる範囲を調整できる。例えば、一人で会議をする際の「パーソナル」と、複数人で囲んでオンライン会議する際の「マルチユーザー」では、音の広がりが異なる。また、マイクの集音時に周囲の雑音を抑える「ノイズサプレッサー機能」や、スピーカから出る音声の残響を抑える「ルームエコー抑制機能」などにより、場所を問わず快適に相手の声を聞くことができる。

 さらに、「ヤマハ製 AudioEngine™」を搭載しており、自然かつクリアな音で映画などのコンテンツを楽しむこともできる。ヘッドフォン装着時には、画面から音が出ているかのように左右の音を合成する「イマジナリースピーカ」機能も搭載している。

<LAVIE N14>は、オンライン会議に便利なミーティング機能を搭載

オンライン会議に参加する人数やヘッドフォンの有無によって最適なモードを選択できる

声が響きやすい場所で残響を抑える機能など、さまざまな設定ができる

自宅とは違う環境でも拡張性が高いと安心

 普段とは違う環境で仕事をするときは、拡張性が高いといざというときにも安心だ。<LAVIE N14>は、有線LANポートを搭載しているのもうれしいポイント。最近のホテルは大抵Wi-Fiを利用できるが、他の宿泊者と共用でルーターの設置場所が宿泊部屋から離れていることもあるため、不安定なことも多い。ホテルでも有線LANに接続できれば、通信を途切れさせるわけにはいかないオンライン会議や大容量のデータをやり取りしたいときにも安心だ。

 今回利用したホテルには、Wi-Fi 6も完備され、無線LANも比較的安定して利用できたが、室内には有線LANも施設されていたので、安定性を考慮して、もっぱら有線LANでの接続で利用した。

 逆に、気分を変えて作業したいときなどは、LANケーブルを外してラウンジやベランダに出るなどして、無線LAN接続しても快適に作業が行えた。

USB Type-AやType-Cポートの他にも、有線LAN、HDMI、SDカードスロットを装備するなど、14型とは思えないほど拡張性が充実している

有線LANを利用できれば、安定した通信環境で快適に作業ができる。ビジネスに利用するマシンでは特にあるとうれしいインターフェースだ

 また、HDMI端子のあるテレビなら、<LAVIE N14>と接続して2画面に拡張できる。今回利用したホテルのテレビは自宅の外付けモニターよりも画面サイズが大きかったので、むしろ普段より快適に作業ができた。今はコンパクトな製品もあるが、外出先に外付けモニターを持っていくのは結構大変だ。テレビで代用できれば手軽に自宅と同じような環境を作ることができる。HDMIケーブルだけは自分で用意する必要があるので、忘れずに持参するようにしよう。もちろんホテルに設置されたテレビにHDMI端子がない場合もあるので、気になる人は、予約する際にホテルに確認すると良いだろう。

ホテルのテレビがHDMI端子を搭載していれば、2画面で作業ができる。自宅の外付けモニターよりも大きく、快適に作業ができた

 パソコンをテレビに接続できれば、パソコンでアクセスした動画配信サービスやYouTubeなどの映像を家族と一緒に大画面で楽しむこともできる。また、SDカードスロットも搭載しているので、家族が撮影した動画や写真のデータをテレビに映してすぐに見ることも可能だ。HDMI端子があれば、仕事中だけでなく家族が集まる夜も、さまざまな用途で便利に使えるだろう。

家族が撮影した写真や動画も大画面に映して全員で楽しむことができる

 <LAVIE N14>は14型最小クラスのコンパクトボディで画面とのバランスに優れ、持ち運びやすさや、拡張性の高さ、長時間駆動など、ワーケーションでの利用にも十分な充実した要件を備えている。また、プロセッサーやメモリも拡張できるので、自宅やオフィスでメインマシンとして使いたい人にも大きな不足はないだろう。外付けモニターにHDMIケーブルで接続すれば、広いワークスペースを確保できる。コロナ禍により、さまざまな環境で仕事をする機会が多い人は、チェックしておきたい一台だ。

(提供:NECパーソナルコンピュータ)


Intel、インテル、Intel ロゴ、その他のインテルの名称やロゴは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月