LAVIEシリーズ秋冬モデル4シリーズ全23モデルが発表、全モデルにWindows 11搭載

ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NEC パーソナルコンピュータは10月5日、個人向けパソコンの秋冬モデルとして4シリーズ全23モデルを発表した。10月7日より順次販売を開始する。

 今回のモデルはすべてWindows 11を搭載するのが大きな特徴。従来から好評のスタンダードノートPCの「LAVIE N15シリーズ」、スリムノートPCの「LAVIE N14 シリーズ」、オールインワンデスクトップPCの「LAVIE A27/A23シリーズ」に加え、新たにコンバーチブルノートPCとして「LAVIE N11シリーズ」が店頭モデルのラインアップに追加されている。また、オフィスソフトには「Microsof t Of fice Home & Business 2021」を搭載している。

 なお、継続販売中の「LAVIE N12シリーズ」「LAVIE Pro Mobileシリーズ」は Windows 11への無償アップグレードが可能。

LAVIE N11シリーズ

 新シリーズとなるLAVIE N11シリーズは、これまでNEC Direct専用モデルとして販売され、子供や学生用PCとして好評のモデル。新たに販売店モデルのラインアップに加わった。11型ワイド液晶の画面を360度回転させタブレットモードなど利用シーンにあわせた形態で使用でき、液晶画面はタッチセンサー付きで付属のデジタイザーペンで筆圧感知に対応。落下テストとして米国国防総省の定めるMIL規格の耐久試験に合格した堅牢なボディー、安心して使える「防滴・抗菌キーボード」を採用するほか、子供のタイピングやプログラミングの習得を助ける「タイピングカバー」も付属。CPUはCeleron N5100、実売価格は9万8780円前後の見込み。

LAVIE N14シリーズ

 14型スリムノートのLAVIE N14シリーズは画面サイズを確保しながらも外出時にも楽に持ち歩けるコンパクトなノートPC。スピーカーから聞こえる音の範囲を切り替えたり、ヤマハ製AudioEngineを用いて人の音声を明瞭にする処理を行なう「ミーティング機能」を備え、リモートワークの拡大で利用頻度の増えたオンライン会議に対応。CPUはCore i7-1165G7/i3-1115G4を搭載し、実売価格は17万280円前後より。NEC Direct専用モデルではAMD Ryzen 3-3250UモデルとAMD 3020e搭載モデルも用意される。

LAVIE N15シリーズ

 LAVIEシリーズの主力モデルとなる15.6型のLAVIE N15シリーズでは、キーボードのキートップ中央に窪みをつけた「シリンドリカルキーボード」を搭載。全モデルに「ミーティング機能」を搭載するほか、上位モデルにはヤマハ製ステレオスピーカーを搭載する。CPUはCore Core i3-10110U/i7-1165G7のほか、AMD Ryzen 7 5800Uを搭載するモデルもラインアップ。実売価格は17万280円前後より。また、NEC DirectモデルではAMD Ryzen 5 5500U/Ryzen 7 5700Uモデルも販売する。

LAVIE A27 A2797/CAB

LAVIE A23シリーズ

 液晶一体型のLAVIE A27/A23シリーズでは、27型最上位モデルのA2797/CABは液晶画面から音が出る「Crystal Sound Display」を搭載する。4モデルのうち、27型モデルと23.8型1モデルには3波ダブルチューナー搭載モデルも用意されており迫力あるテレビ視聴が可能なほか、全モデルにHDMI入力端子が搭載されているので外付けチューナーやゲーム機などの表示にも利用可能。実売価格は20万3280円前後より。

 NEC Direct専用モデルには、今回発表の秋冬モデルに加えてLAVIE Direct N11、LAVIE Dirext N12、LAVIE Dirext PMが用意され、Windows 11搭載モデルが選択できるようになっている。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月