このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第222回

iPhoneの画面タップでスリープを解除する方法

2021年07月21日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iOS 10以降を搭載したiPhoneでは、「手前に傾けてスリープ解除」という機能を使えますが、うまく反応しないときは画面をタップして解除する方法もあります。

※この機能はiPhone X以降が使える機能です(対応機種は→こちら

 iPhoneの画面がロックされていたり、画面が消灯していたりするときは、スリープ状態の可能性があります。電源ボタンを押すことでもスリープ状態から復帰できますが、物理ボタンを押すよりも画面タップのほうがかんたんかもしれません。

 デフォルトでは「タップしてスリープ解除」が有効になっていますが、もし無効の場合は「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」の順に操作して、最後に「タップしてスリープ解除」という項目右側のボタンをタップして有効にしましょう。

 iPhoneだけでなくiPadでも使える機能なのでぜひお試しください。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中