• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Twitterで答えをつぶやき進行する、新しい形の「謎解き脱出ゲーム」

スクエニ「Deep Insanity SNS脱出ゲーム企画」を本日より開催。少女の緊迫した呼びかけに応えられるか

2021年07月09日 17時00分更新

文● Zenon/ASCII

 スクウェア・エニックスは7月9日、TV アニメ・マンガ・ゲームで展開する新たなメディアミックス「Deep Insanity(ディープインサニティ)」プロジェクトにおいて、プレイヤーが協力して謎を解く「SNS脱出ゲーム企画」を開催した。

 本企画は、「Deep Insanity」プロジェクトの共通キーワードである、謎の昏睡病「ランドルフ症候群」が引き起こす事件の真相と脱出に向け、SNSを用い展開する新しい謎解き&脱出企画。

 毎週金曜にヒントとなる動画が公開され、それを見たユーザーがTwitterで本企画の主人公「沢渡綾乃」のTwitterアカウントに謎の答えをリプライすることで物語が展開。2021年7月30日まで全4話で進行していく。

■第1話「浸食」(2021年7月9日公開)

以下、リリースより。

<企画概要>

Deep Insanity「SNS脱出ゲーム企画」
-【#拡散絶望】誰か助けてと少女は言った。-

開催日時:2021年7月9日~7月30日

全4話 毎週金曜に動画公開(2021年7月9日、7月16日、7月23日、7月30日)

▼Twitterアカウント▼
https://twitter.com/Ayano_Sawatari

▼第1話「浸食」(2021年7月9日公開)▼
URL:
https://youtu.be/X0kYDy4Kjlk

 取材動画 第1話「侵食」をご覧いただき、主人公「沢渡綾乃」のTwitterアカウントをフォローして、物語の進行をお楽しみください!

【#拡散絶望】誰か助けてと少女は言った。
2021年7月9日から「SNS脱出ゲーム企画」がスタート!

 本企画は、参加者が「某所の施設で、人間が異形と化す大事故」の目撃者となり、新米ジャーナリスト沢渡綾乃によって進行するドラマと、一人では見つけられない脱出へと繋がるヒントを頼りに、ほかの参加者とともに物語の真相に迫っていきます。

 真実を知り、窮地に落ちた彼女を脱出へと導き出すのは、あなたのリプライ次第です。

<ミッション>

◆沢渡綾乃は、某病院の取材中、惨劇により院内に閉じ込められてしまう。
◆綾乃はTwitterアカウント@Ayano_Sawatariで助けを求めることに。
◆どうか彼女を、「■■■■」に見つからないよう、病院から脱出させてあげてください…。

<登場人物>

沢渡綾乃(Ayano Sawatari)

新米ジャーナリスト。
喜怒哀楽がはっきりとしており、素直で明るい性格。
やや天然気味なところがあり、友人や上司にからかわれることも。
誰かのため、という側面が強く、ジャーナリストになったのものそれが理由。


友崎真耶(Maya Tomosaki)

ランドルフ症候群を患っている少女。
人見知りで内向的なため、一人遊びを好む。
早く病気を治して、以前のように学校に通いたいと思っている。
両親からもらったうさぎのぬいぐるみが宝物。

<遊び方/謎解きの流れ>

1. 問題発生
 綾乃が、なにかしらのピンチや問題にぶつかり、行き詰まってしまいます。そんなとき、助けを求めるツイートを行ないます。

2. ヒント
 綾乃の取材記録(YouTube動画)のなかに、ヒントが隠されているかもしれません。

3. 回答
 綾乃へ、次にとるべき行動をリプライ(Twitter)で送ってあげましょう。

4. 次の問題へ
 正解のリプライが届いてしばらくすると、綾乃は行動(Twitter)を起こします。そして脱出のために病院を進むと、また新たな問題にぶつかります。

 以上が繰り返しで進みます。また物語が進むにつれ、新たな取材記録が公開されます。

詳細はこちら(https://www.jp.square-enix.com/deepinsanity/special/

 
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう