前へ 1 2 3 次へ

『BOOST CREATIVITY SESSION』 第一弾密着取材

VRアーティスト せきぐちあいみ氏に聞く、Samsung SSDが刺激するクリエイターの「制作の源」

文●貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VRアーティストのせきぐちあいみ氏

クリエイターにとってのSSD選びとは

 多くのクリエイターにとって、作品の制作に不可欠な存在であるPC。映画、TVドラマといった映像作品、漫画の原稿、小説、雑誌の記事といった出版物、DAWソフトウェアを使った楽曲制作、CADソフトウェアを使った製図や設計、デザインなど、とにかく、あらゆる制作の現場でPCが使われている。

 作品に特殊な効果を求めて、“敢えて”アナログな手法を取り入れることもあるだろう。しかし、「何かを制作をすること」は、現代では、ただちに「PCを使うこと」を意味しているといっても過言ではない。

 当然、PCのスペックが作業効率に影響することになる。CPUの処理性能やRAMの容量は当然重要だが、「SSDの品質」は、データの読み書きの速度や、作品のアイディアやアーカイブをPC内に留めておける量に直結するため、作業効率だけでなく、クリエイターの創造性にも影響を与えるパーツと言えるだろう。

Samsungによるプロジェクト「BOOST CREATIVITY SESSION」は、クリエイターとSamsung製SSDのコラボレーション企画だ

 Samsungによるプロジェクト「BOOST CREATIVITY SESSION」は、クリエイターとSamsung製SSDのコラボレーション企画。制作の現場にSamsungのSSDを導入することで、クリエイターが持つ可能性を最大限まで引き出し、創造力をサポートするというコンセプトだ。

 そんなBOOST CREATIVITY SESSIONの第一弾は、VRアーティストのせきぐちあいみ氏と、9月にメジャーデビューアルバム「NEE」をリリースする、エキゾチックロックバンドNEE(ニー)のコラボレーション企画。

 「FUTURE STAGE」と銘打ち、せきぐちあいみ氏がVR空間に作り上げたステージ上でNEEが演奏をするという内容の、“現実と仮想現実がコラボレーション”したプロモーションビデオを制作している。

 せきぐちあいみ氏にPCとSSDの使用感についてインタビューし、併せて撮影現場を取材する機会を得たので、その模様をお届けしたい。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月