このページの本文へ

旧Nikonロゴの刻印に、3つのアルミ削り出しダイヤル、丸型アイピース

ニコンがレトロデザインのミラーレスカメラ「Z fc」を発表 = ダイヤル操作が楽しくて新レンズも登場

2021年06月29日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ニコンは6月29日に、ミラーレス一眼の新機種「Z fc」を発表した。フルサイズも擁するZマウントのAPS-Cサイズモデルで、機能は既存のZ50とほぼ同じながら、外観は全く異なるレトロデザインなのが最大の特徴だ。ちなみにfcのfは「融合」Fusion+ニコンカメラのfで、cは「気軽」Casualである。

Z50と同じAPS-Cサイズセンサーを搭載

左のFM2とほぼ同サイズでデザインも近い。右はレトロデザインのフルサイズ・デジタル一眼レフのDf

フィルムカメラの「FM2」デザインで
「Nikon」ロゴもレトロなのだ!

フルダイヤル操作がうれしいですね

 ハードウェアスペックはZ50とほぼ同様で、APS-Cサイズ(ニコンの呼称ではDXサイズ)の2088万画素でZマウントの全レンズが装着可能。静止画は最高5568×3712ドットで14bitの写真が撮影できる。ISO感度は100-51200、手振れ補正はボディ内にはなく、レンズ内のみで、4.5段になっている。

 シャッター速度は30秒~4000分の1秒で、AFは209点の位相差+コントラストで瞳・動物AFが可能。AE/AF追従で最高毎秒5コマの連写ができる。

 動画は最高4K UDH(3840×2160ドット)で30P、FHDでは120Pでの撮影が30分間まで可能。瞳AFや動物AFも搭載している。

ISO感度、シャッタースピード、露出補正のダイヤルはアルミ削り出しで、シャッターボタン手前の液晶はレンズのF値を表示します

ファインダーの接眼部はもちろん丸形です。背面液晶は左側に開いて回転するバリアングルになりました

 EVFは0.39型236万ドット、背面モニターは3型で104万ドットとZ50と変わらないが、ティルト式からバリアングル式になっている。

 USB端子はZ50のタイプBから、タイプCへと変わり、給電しながらの長時間撮影も可能となった。サイズは126.5×93.5×60ミリから、134.5×93.5×43.5と、横幅は大きくなり、奥行きはグリップがないぶん薄くなった。重量は395から390へと若干軽くなっている。

左のZ50と同機能とは思えないデザインの違いです。Z fcはストロボは内蔵しません

 キットレンズはZ50と同じDXの16-50mm F3.5-6.3のシルバーカラーと、新規のフルサイズ対応28mmF2.8の単焦点の「Special Edition」が用意されている。

 28mmF2.8は最短撮影距離が19センチと寄りに強く、サイズは最大径71.5×43ミリで重量は160グラムで、光学式手振れ補正機能は内蔵しない。

16-50mmのシルバーモデルは沈胴式です

28ミリの新レンズは中央のリングがシルバーのアクセント入りです。単体では10月中旬に実売約4万円で発売の予定

 市場価格はボディのみが13万円で、16-50ミリとのセットが15万円、28ミリのセットが16万円、専用グリップは1万7000円である。

別売の専用グリップをつけるとこうなる。

黒いシート部を張り替えるサービスがあり、6色から選べます

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン