このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows Info 第277回

デスクトップアプリとしてのIEは終了するが、2029年までは完全に無くなるわけではない

2021年05月30日 10時00分更新

文● 塩田紳二 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

来年6月15日以降はIE11が起動できなくなる

 マイクロソフトは5月19日(現地時間)、Internet Explorer 11(IE11)が2022年6月15日以降に起動できなくなることを発表した。そもそもIE11は、Windows 10とともにEdge(Edge Lagacy)がリリースされたとき、終息することが予告されていた。その予定に沿う形で、昨年にはMicrosoft 365サービスでのサポートが停止された。これについては本連載ですでに記事を書いている。

●ChromiumでないEdgeは消えるが、IEはまだまだ無くならない
 https://ascii.jp/elem/000/004/024/4024951/

マイクロソフトは、2022年6月15日にIE11のサポートを終了させる

 今回の発表によれば、2022年6月15日以降は、IE11を起動しようとしてもEdgeが立ち上がるようになるらしい。しかし、どうしてもIE11で表示させたいウェブページがある場合は、EdgeのIEモードを使うことができるという。そしてこのIEモードに関しては、2029年まではサポートされる。というのもWindows 10 2019 LTSCが2029年1月9日までサポート期間があるからだ。

●Internet ExplorerはMicrosoft Edgeへ
 https://blogs.windows.com/japan/2021/05/19/the-future-of-internet-explorer-on-windows-10-is-in-microsoft-edge/

●「Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了」の発表に関連するFAQ
 https://blogs.windows.com/japan/2021/05/19/internet-explorer-11-desktop-app-retirement-faq/

 2022年6月まではほぼ1年。「Internet Explorer」はこれで終わりなのか? というと、実はそうではない。来年終了するのは、あくまで「iexplorer.exe」というプログラムだ。だからマイクロソフトの発表も「Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了」というタイトルになっている。

 実行プログラムが終わるんだから終わりでしょ? と考える人もいるかもしれないがそうではない。それは「Internet Explorer」の構造に理由がある。iexplorer.exeというプログラムは、IEの外側の部分だけが入っている。簡単にいえば、テレビの外枠のようなものがiexplorer.exeであり、中身は別にあるのだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン