このページの本文へ

いままでで一番進化したエンジンと称する「ZR1」を搭載

レグザに新機種、有機EL「X8900K」と液晶「Z670K」

2021年05月25日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

迫力の音響にも引き続き注力

 音響面では、有機ELテレビが「重低音立体音響システムXP」、液晶テレビがオールニューの「重低音立体音響システムZP」と命名しており、引き続き力を入れている。特にZ670KシリーズのZPでは、バズーカユニットを堅牢化しつつ薄型化、さらにハイエンドモデルが持つダブルトップツィーターも新開発して、テレビのほぼ上端に配置、壁面に向けて音を放出することで、ドルビーアトモスコンテンツの垂直方向にも広がるサウンドを再現しようとしている。

重低音立体音響システムXP

使用ユニット

重低音立体音響システムZP

ツィーターはダブルになっている

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン