このページの本文へ

「85Z670K」「75Z670K」「75M550K」

Android TV採用、液晶レグザZ670K/Z550Kに75型超す大画面

2021年07月20日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TVS REGZAは7月20日、4K液晶レグザ「Z670K」「Z550K」に大画面モデルを追加した。価格はオープンプライスで、Z550Kの75型モデルは8月6日(予想実売25万円台前半)、Z670Kシリーズの75型/85型モデルは秋の発売(不明)を予定している。

75Z670K

 リビングシアターモデルとして、75型以上の大画面モデルを既存ラインアップに追加する(Z550Kは75型モデルのみ)。いずれも2021年最新版の「レグザエンジンZR1」を搭載。リビングシアターモデル専用の高画質をうたい、大画面で気になるノイズ成分の低減やナチュラルな精細感に配慮している。75V型以上になるとテレビのバストカットなどが等身大に近くなり、過度なエッジ処理などが気になりやすくなる、そこでより肉眼の見え方に近い調整を加えているという。

レグザエンジンZR1

75M550K

 新開発の4K倍速液晶パネルを採用。バックライトは直下型のLEDで、Z670Kシリーズの2モデルはスリムで高輝度なタイプのLEDバックライトにしている。LEDの数が多いため厚さを増やさず光を拡散でき、高輝度化が図れるという。「ナチュラル美肌トーン」「おまかせAIピクチャーZR1」「地デジAIビューティ ZR1」「クラウドAI高画質テクノロジー」「ネット動画ビューティ ZR1」といったレグザならではの高画質化機能を持つ。

左のZ670Kは、右のZ550Kよりも輝度が高い

再生イメージ。75Z670Kのみトップツィーターを持つ。

 音質面ではフルレンジスピーカーとクリアツィーターをバスレフボックス(2ウェイ6スピーカー)に配置。75型のZ670Kの場合、これにトップツィーターや重低音バズーカーを加えた合計11個のスピーカーを総合60Wのマルチアンプで駆動しており、ドルビーアトモスにも対応する。なお、85型はグローバル金型を使用するため、トップツィーターを省略し、総合40W。Z570Kはボックススピーカー2基にウーファーを搭載した総合40Wとなる。

 Android TVに対応、リモコンも最新のものにしている。

リモコン

 オートゲームアジャスト、4K120P入力、VRR対応、ALLM対応、eARC対応、ゲーム専用高画質、0.83msの低遅延(1080p/120Hz時、4K/60Hz 12bit入力などでは約9,2ms)などゲームに合ったスペックを備える見込み。一部アップデート対応で、4K120P対応、VRR対応はZ670Kのみの特徴となるなど制限があるので、詳しくは公式サイトの情報などを参照してほしい。

■関連サイト

 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン