このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第200回

iPhoneのフラッシュライトを懐中電灯がわりに使う

2021年04月21日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneのフラッシュライトを懐中電灯として使う方法をご紹介します。iPhone X以降の機種ならロック画面のライトのようなアイコンを強く押し込む、または長押しをするだけでフラッシュライトが点灯します。

 フラッシュライトを消すには、上記と同じ手順か、コントロールセンターを開いてライトのようなアイコンを強く押し込む、または長押しをします。

コントロールセンターのライトアイコンを長押し、または強く押し込むことで、明るさ調節の画面に切り替わる

 フラッシュライトは基本的に写真撮影時に使うものですが、暗闇で探し物をしたりするときにも使えます。点灯と消灯の方法はとても簡単なので、iPhoneユーザーのみなさんはぜひお試しください。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中