このページの本文へ

シャオミが折りたたみスマホに、電気自動車「シャオミカー」参入も

2021年03月31日 14時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャオミが発表した折りたたみスマホ「Mi MIX FOLD」

シャオミの折りたたみスマホを発表!
開くと8型でタブレット級の大きさ

 3月29~30日の2日間、シャオミはオンライン発表会を開催した。その中でも世界中をあっと驚かせた製品がシャオミ初となる折りたたみスマートフォン「Mi MIX FOLD」だ。また、スマートEV(電気自動車)に参入することも大きな話題になった。数年後には「シャオミカー」が市場に登場しそうだ。

Mi MIX FOLDを披露するレイ・ジュンCEO

 Mi MIX FOLDは開くと8.01型、閉じると6.52型のディスプレーになる折りたたみ型のスマートフォンだ。サムスンの「Galaxy Z Fold2」、ファーウェイの「HUAWEI Mate X2」同様に内側に折りたたむディスプレーを採用している。開いた時の解像度は2480x1860ドット、閉じたときのディスプレーは2520x840ドットとなる。なお外側のディスプレーのみリフレッシュレートは最大90Hz対応となる。

外側のディスプレーは6.52型。開くと8.01型となる

 先行2社の折りたたみモデルと比べると、一般的な動画を再生したときに、ディスプレーを開いた時のコンテンツの画面表示占有率は75%。他社は70%(Galaxy Z Fold2と思われる)、63%(HUAWEI Mate X2と思われる)と狭い。Mi MIX FOLDのほうが高い没入感を得られるという。

競合他社との動画再生時の画面占有率の差

 カメラは閉じたときの背面のみに配置。開いたディスプレーにはフロントカメラは搭載されない。そのため全画面を表示領域として利用できる。10億色表示、Dolby Vision HDRにも対応している。

パンチホールやノッチのない内側のディスプレー。Dolby Vision HDR対応

 折りたたみディスプレーは強度が気になるが、ディスプレーの折曲げ試験は100万回に合格している。またヒンジ部分は20万回の開閉テストをクリア。ヒンジは各パーツそれぞれを改良し、従来型のヒンジに対して27%の軽量化も実現したとのこと。

ディスプレーは100万回の折り曲げに耐えられる

ヒンジの折り曲げは20万回のテストをクリア

 開いた時の大型ディスプレーを活用できるユーザーインターフェースも新たに搭載される。「デスクトップモード」ではPCのような画面表示となり、ディスプレー下部のツールバーやデスクトップ上にアイコンを配置し、マルチウィンドウでの操作ができる。また、Androidの通常モードでも2つのアプリを同時に表示することが可能で、片側にギャラリーを表示、もう片側にSNSやチャット画面を表示し、ギャラリーから複数の写真をドラッグ&ドロップして添付するという操作も簡単にできる。

デスクトップモードではPCのような操作性を提供

2つのアプリを開いて相互にデータをドラッグ&ドロップできる

 カメラは3つ搭載し、4つのレンズとして動作する。メインカメラは1億800万画素、超広角カメラは1300万画素、そしてもう1つが望遠とマクロに両対応する業界初の液体レンズ採用のカメラを搭載する。

1億800万画素と1300万画素に加え、800万画素の液体レンズカメラを搭載

 液体レンズは複数のレンズ構成の代わりに液体を使って光の屈折率を変えるレンズ技術で、スマートフォンのような小型の製品への搭載に適している。Mi MIX FOLDの液体レンズは画素数が800万画素で、3倍の望遠と80mm相当のマクロに対応。望遠とマクロという2つのレンズを1つに収めることに成功している。

業界初の液体レンズを採用

 またカメラの制御として自社開発したISP(Image Signal Processor)、「Surge C1」を搭載。オートフォーカス(AF)、自動ホワイトバランス(AWB)、自動露出(AE)などの制御を、Mi MIX FOLDが採用するクアルコムのSoC、Snapdragon 888を用いず、Surge C1で制御する。

シャオミが自社開発したISP、Surge C1

 価格はメモリとストレージ構成が12GB+256GBモデルで9999元(約16万8000円)と、1万元を切る価格とした。12GB+512GBモデルは1万999元(約18万5000円)となる。さらにセラミックボディーを採用した特別モデルは16GB+512GBで12999元(約21万8000円)。

メモリー構成の違いで2モデルを販売。最低価格は1万元を切る9999元

セラミックボディーモデルは12999元となる

シャオミが自動車を発表!
ついにEVに参入!

 シャオミはMi MIX FOLDと共に、新たなビジネスに参入することを発表した。それはスマート電動自動車(EV)への参入だ。シャオミのスマートEV参入は以前から噂はされていた。レイ・ジュンCEOはスマートフォンでトップ3に上り詰めた経験と、スマート家電を含むエコシステム構築を完成させたことによりこの事業への参入を正式に決定したと発表した。

スマートEV事業参入を発表するレイ・ジュンCEO

イメージとして発表されたキャンピングカー

車内はシャオミのIoT家電が配置

 現時点では具体的な計画は公開できないものの、今後10年間で100億ドル(約1兆1000億円)を投資する予定と、計画は壮大だ。向こう3年間で、まずは100億元(約1680億円)を投資してスマートEVを開発する。

投資額は10年で100億ドルを予定している

 シャオミのスマートEVはシャオミ製品との連携はもちろんのこと、スマートシティーのインフラの一環として自動運転を視野に入れたものになると予想される。シャオミのスマートフォンやスマート家電は価格破壊を起こしただけではなく、「中国製品は低品質」というレッテルを破壊し、世界中の消費者から高い信頼を得ている。シャオミのスマートEVが自動車産業に新しい風を吹き込むことができるのか、これから10年の動きに注目される。

スマホに続き自動車業界にも新風を吹き込む

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン