このページの本文へ

NTTコミュニケーションズ、ローカル5Gの環境構築をワンストップで提供する「ローカル5Gサービス」

2021年03月30日 16時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズは3月31日より、ローカル5G環境構築において、導入コンサルティング、免許取得、機器構築、運用の支援を行なう「ローカル5Gサービス」(以下:本サービス)の提供を開始する。

 本サービスは、専門的な知識・技術および手続きを必要とするローカル5Gの導入コンサルティング、免許取得、機器構築、運用などのプロセスを分かりやすくメニュー化し、ワンストップで提供するというもの。

 同社の無線技術・ノウハウを活用することで、ユーザー側は知識を必要とせず、導入障壁を低減したうえで信頼性の高いローカル5G環境の利用が可能となるほか、5G無線基地局装置と5Gコアを必要な期間のみ(最低利用期間は1年)月額利用型のサービスとして提供することで、初期コストを減らしながら、サービスの利用が可能となる。

 また同社の、企業に点在するデータを1つのプラットフォーム上でシームレスに融合できるSmart Data Platform(SDPF)と一体的に提供可能なので、専門的な知識・技術、手続きが必要となるローカル5Gシステムの環境構築のみならずデータ利活用に必要な、データ収集・蓄積・分析などの機能をワンストップで提供し、DX推進に役立つという。

 なお利用料金や申し込み方法等は、同社営業担当まで問い合わせとのこと。

カテゴリートップへ

ピックアップ