このページの本文へ

高機能ストレージ「Drobo」でデジタルライフをアップデート 第12回

PC買い替えユーザーにオススメ!

導入が超簡単なNAS「Drobo 5N2」でデータ移行を楽々実現

2021年03月22日 11時00分更新

文● 山口優 編集●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DroboAppsで自分専用のクラウドストレージを構築する

 Drobo 5N2には、前述の通りスマホのアプリストアに相当する「DroboApps」が搭載されている。そこで配信されているアプリをインストールすることで、Droboにさまざまな便利機能を追加して活用することが可能だ。

 アプリは米Drobo社の公式アプリだけでなく、サードパーティ製アプリも数多くある。公式アプリは動作保証されているが、サードパーティ製アプリは保証されていないので、利用する場合はあくまでも自己責任で行ってほしい。

 ここでは一例として、公式アプリを利用してDropboxのようなクラウドストレージ機能を追加し、出先からDroboに保存したデータにアクセスする方法を紹介しよう。

●「DroboApps」でDroboをクラウドストレージ化する方法
1:「DroboApps」を有効化する
2:純正アプリ「DroboAccess」のインストールと設定
3:純正アプリ「myDrobo」のインストールと設定
4:Webブラウザから自宅のDroboにアクセス

▼「DroboApps」を有効化する

 Drobo Dashboardの左側にあるナビゲーションメニューで「Drobo設定」→「管理者」を選んで「DroboAppsを有効化」にチェックが入っているか確認し、入ってない場合はクリックしてチェックを入れて「OK」ボタンを押す。

Drobo Dashboardの「管理者設定」画面で「ユーザー名」と「パスワード」を設定し、「DroboAppsを有効化」にチェックを入れておこう

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ