このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

抜群の消音効果!ボーズのノイキャン完全ワイヤレス「QuietComfort Earbuds」

2021年03月01日 13時00分更新

文● 山本敦 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音質インプレ:
オーディオ的なQC/低音がズシンと響くSport Earbuds

 ふたつのイヤホンは音質の違いも明快だ。Sport Earbudsは重心が低い弾力感あふれるベースを持ち味としている。ボーカルにも活き活きとした張りがあり、余韻もふくよかだ。ロックやポップス、EDMのアップテンポな楽曲を聴きながら体を動かしたい時には抜きん出た相性のよさを発揮してくれる。

 QC Earbudsのサウンドはよりオーディオ的で、中高域の抜け感の良さと音場の豊かな広がりを特徴としている。エレキギターや金管楽器のハイトーンが華やかに伸びて突き抜ける。コンサートのライブ録音盤を聴くと本機の魅力がとても映えると思う。ステージを立体的に描き、ボーカルや楽器の音像定位を力強く描き出す。低音の沈み込みがとても深く、立ち上がりのインパクトも鋭い。体の芯を貫くような躍動感がどんなジャンルの音楽を聴く時にも本機の特長として強く感じられるだろう。Netflixなど動画配信サービスの映画・ドラマも、ノイズキャンセリングレベルを上げて視聴すると深く作品の世界にのめり込める。

広がりと臨場感の豊かなQC Earbudsのサウンドはライブ演奏の録音作品にもよくマッチする。

 左右独立型の製品を含む、アクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載するBluetoothワイヤレスイヤホンの中でも飛び抜けて高い遮音効果を持つQC Earbudsの実力は一度試してみる価値がある。Sport Earbudsにも、ほかのスポーツタイプのイヤホンよりも一段と鮮やかなサウンドの再現力がある。どちらも装着感にクセがないイヤホンだと筆者は思うのだが、独特のイヤーチップが耳に合わないという声もたまに聞くことがある。購入に興味を持った方は、できればショップなどで試着してから検討を深めることをおすすめしたい。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン