このページの本文へ

抜群の消音効果!ボーズのノイキャン完全ワイヤレス「QuietComfort Earbuds」

2021年03月01日 13時00分更新

文● 山本敦 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リモコン操作がシンプルにできる

 どちらのイヤホンも、左右本体の側面がタッチセンサー式のリモコンになっている。ペアリングしたスマホによる音楽再生、ハンズフリー通話の遠隔操作がスムーズにできる。リモコンのコマンドを確認、または設定をカスタマイズしたい時には「Bose Music」アプリを使う。

「Bose Music」アプリで本体設定のカスタマイゼーションができる。

 左のイヤホンをダブルタップすると「ショートカット」機能が使える。ショートカットの内容は「バッテリー残量を音声で確認する」か「次のトラックへのスキップ」から選ぶかたちとしている。ユーザーがよく使う操作をもっと多くの選択肢から選べるようにもしてほしいが、ボーズはとにかくリモコンによる操作をシンプルにしたかったのだろう。筆者もよくワイヤレスイヤホンの操作方法を失念してしまうので、シンプルに扱えるボーズの2つの製品に好感を持っている。発売当初に不足していた「音量のアップダウン」は、ソフトウェアアップデートにより右イヤホンのタッチセンサーの上下スワイプできるようになった。

QC EarbudsはBose Musicアプリからノイズキャンセリングのレベルを3段階までプリセットして、リモコン操作により切り換えることが可能だ。

左右イヤホンの側面がタッチセンサー方式のリモコンになっている。ボタンによる凹凸を廃したデザインにも好感が持てる。

 QC Earbudsの場合、バッテリー残量の確認、またはトラック送りをアプリから選択して左イヤホンを長押しするとショートカット機能が使える。ダブルタップにはアプリから3段階の「お気に入り」を設定してノイズキャンセリングレベルを切り換える操作が割り当てられている。ノイズキャンセリングのレベルは最強の「10」から、外音取り込み設定の「0」まで11段階から任意に選べる。お気に入りに「0」を加えておけば、イヤホンを装着したまま周囲の音を確認したい時に便利だ。または音楽を聴いている最中に片方のイヤホンを外すと、もう片方のイヤホンが自動的にノイズキャンセリングのレベルを落とすので、周囲の音だけに注意が向けられる。

左がQC Earbuds、右がSport Earbudsの充電ケース。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン