このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第186回

iPhoneのAirDropでファイルが送受信できないときの対処法

2021年02月24日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneやMacなどのユーザーがワイヤレスでファイルを共有できるAirDrop。今回は、ファイルを送ったり受け取ったりできないときの対処方法を紹介します。

 AirDropとは、近くにいる相手(iOS端末やMac)同士がお互いに写真、ビデオ、ウェブサイト、メモ、連絡先などのファイルや情報を無線で共有(送受信)できる機能のこと。

 AirDropを使うには、ファイルを送る相手が近くにいて、お互いがBluetoothやWi-Fiの通信範囲内にいることが条件です。ファイルを送る前にお互いの端末でBluetoothやWi-Fiの項目がオフになっていないか確認してみましょう。

 また、ファイルを受け取る側のAirDropの受信設定が「連絡先のみ」に設定されている場合、送る側の連絡先カードにメールアドレスまたは携帯電話番号が登録されていないと、AirDropでファイルを共有できません。

 また、一部の端末では、インターネット共有をオンにしていると、AirDropが利用できないようです。これらの注意事項を踏まえたうえでAirDropを利用しましょう。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中