このページの本文へ

10万台を増産

ASUS、「GIGAスクール構想」早期実現に向けてChromebookを増産へ

2021年01月15日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ASUS Chromebook Flip C214MA-GA0029」

 ASUS JAPANは1月15日、文部科学省が実現を目指す「GIGAスクール構想」の早期実現の加速の協力案としてChromebook製品の増産を決定したと発表した。

 令和2年度(2021年3月まで)中に製品の調達および納品が必要となる自治体について、製品の確保が難航している実態を同社が確認したことから、GIGAスクール構想に準拠したChromebook製品の内、2020月11月18日に発表した「ASUS Chromebook Flip C214MA-GA0029」10万台を増産し、GIGAスクール構想の早期実現に向けた支援を行なう。

 ASUS JAPAN代表取締役社長 Alvin Chen(アルヴィン・チェン)氏は、今回の決定について、「Society 5.0時代を生きる子ども達にとって、教育におけるICTを基盤とした先端技術の活用は必須です。弊社はハードウェアプロバイダーの観点で今後も積極的な協力を行ないます。リモートでの授業が日常的なこととなり、そのためには教員が管理しやすく、児童・生徒が安心して授業を受けることができる端末が必須です。今回の弊社のGIGAスクール向け製品の増産によって、GIGAスクール構想の実現を更に推進することに貢献できると確信しています」と語った。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン