CPUもメモリもストレージも、もちろんデザインもWindows PCクラス

ASUSがプレミアムな「Chromebook Flip C436FA」を発表 = 実機写真レビュー

文●編集 ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSは、10月26日に「Chromebook Flip C436FA」を発表した。従来から発売している文教向けではなく、コンシューマー向けのプレミアムモデルで、10月28日発売となる。価格は税込みで11万9800円より。

エッジが利いたプレミアムデザインで高級なWindowsPCの風格がある

マグネシウム合金にインテルのCore iを搭載
WindowsPCクラスの高級Chromebookだ

天板はホワイトでchromeロゴもグレーで落ち着きがある

 搭載するCPUは第10世代のCore i7-10510U、Core i5-10210U、Core i3-10110Uでメインメモリは8または16GB、ストレージは128/256/512GBを積む。

 ディスプレイは14インチのTFT液晶で、解像度はフルHD(1920×1080ドット)でタッチとペン入力が可能である。

 キーボードはバックライト内蔵の78キー日本語キーボードで、ストロークは1.2ミリある。タッチパッドは10点マルチタッチ対応である。

フルサイズキーボードで余裕ある入力が可能なうえ、設定画面でキーの変更も簡単にできる

キーボードバックライトは6段階で明るさ設定が可能だ

このエッジの切れがいいですね

ヒンジと背面はメタリックで、いいコントラストになっています

 インターフェースはUSB3.1のType-Cに、microSDXCカードスロット、マイク・ヘッドホン・コンボジャックを内蔵する。ACアダプターはType-C端子に接続することになる。無線機能はWi-Fi 6とBluetooth 5を内蔵している。

本体左にはType-Cとヘッドセット、ボリュームキー、電源キーが並びます。Type-C端子横のLEDの色でバッテリー残量も確認可能

右側はType-CとmicroSDスロットとシンプルです

背面はメタリックなメッシュ

液晶上部にはマイクが2つあります

 センサーは92万画素のWEBカメラと、キーボード上に指紋センサーを搭載している。

キーボード右奥の白いキーに指紋センサーが仕込まれている

 バッテリー駆動時間は11.8時間でボディサイズは幅319.5mm×奥行き208mm×高さ13.76mm、重量は1.15キロと、薄く軽く作られている。

 ディスプレイは360度回転型で、テント型やタブレット型としても利用できる。スピーカーはHarman Kardonの認証を受けたものを4台内蔵しており、どのスタイルでも動画や音楽鑑賞が楽しめる。

 一部モデルでは4096段階の筆圧関知能力を持つASUS USI Pen (SA300)とマグネットペンホルダー×2が付属している。ホルダーを使って、本体右側にペンを取り付けて持ち歩くことができる。

 もちろんChromebookなので、Chromeで仕事も娯楽も楽しむことになり、GooglePlayから対応するアプリをインストールして活用することができる。

ペンホルダーは磁石でマイクロSDスロットにパチンと付くしくみです

 アマゾンなどの量販店モデルのバリエーションがあり、スペックや付属品が異なるので、よく調べて購入しよう。

ひととはちがう、プレミアムなChromebookをお探しなら、ぜひ!!

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月