CES 2021レポート

おなじみZenBook Pro Duoもパワーアップ

ASUSがCES2021にて2画面ノートPCなど新型モバイル製品を発表

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷



 ASUSは1月14日、CES2021にて、ROGブランドに続き、一般向け、ビジネス、教育機関向けのノートPCとChromebook、モニターとプロジェクターの新製品を発表した。

おなじみ2画面ノートがパワーUP!!
ZenBook Pro Duo 15 OLED (UX582)
 

 「ZenBook Pro Duo 15 OLED」は、ASUSの2画面ノートの上位モデルで、CPUにコアi9、GPUには新しいNVIDIA GeForce RTX 3070を採用した。

 ディスプレイは4KUHDのOLEDでDisplayHDRは500をクリアし、コントラスト比は100万対1を有する。

 ScreenPad Plusを活用するためのアプリ「ScreenXpert2」が機能を向上したほか、専用ペンで4096段階の感圧レベルで描画が可能だ。

ZenBook Duo 14 (UX482)
 

 こちらはEVO認証を取得した14型デュアルディスプレイノートで、CPUはTiger Lakeのi7-1165G7またはi5-1135G7で、GPUとしてGeForce MX450を搭載したモデルも用意されている。

 メインディスプレイは14インチのフルHD、サブは12.6インチでこちらもフルHD(1920×515ドット)で32対9の比率、ともにタッチスクリーンで明るさは400nitである。

インターフェイスはThunderbolt4のタイプC×2に、USB3.1のタイプA、HDMI2.0、オーディオコンボジャック、マイクロSDスロットだ。

バッテリーは70Wh搭載で17時間駆動、サイズは324×222×16.9mm、重量は1.6kgである

VivoBook S14 (S435)
 

 Tiger lake搭載の14型ノートで、メモリは16GB、SSDは最高1TBを搭載可能。ASUS Intelligent Performance Technologyで高速駆動が可能である。厚みは15.9mm重量は1.3kg.。

ExpertBook B9 (B9400 vPro)
 

 ビジネス向けの14型軽量ラップトップで、EVO認証と受けている。バッテリー容量33Whでは880g、66Whでは1005gを実現しており、米国見るスペック810Hをクリアしている。SSDを2枚搭載してRAID0/1での運用も可能だ。

Chromebook CX9 (CX9400)
 

 Tiger Lake搭載のChromebookで、14型フルHDディスプレイと内蔵し、マグネシウムボディで厚み16mm、重量は1kgを実現している。

ASUS BR1100 for education
 

 11型ディスプレイを搭載し、タフボディで教育現場を想定したPCで、2in1とクラムシェル、4GLTEなどが選択可能。

Chromebook Flip CX5 (CX5500)
 

 Tiger Lakeに15.6インチディスプレイを搭載したChromebookで、57Whのバッテリで11時間駆動する。メモリは最高16GB、SSDは512GB内蔵できる。

ProArt Display PA148CTV
 

 14インチフルHDのポータブルモニターで、タッチ対応、映像入力はマイクロHDMIで、三脚取り付け用ソケットを持つ。

ZenBeam Latte projector
 

 円筒形のプロジェクターで、バッテリーを内蔵し3時間の駆動ができる。明るさは300ルーメンで40~120インチでの投影が可能。ハーマンカードンの10Wスピーカーも内蔵し、モバイルスピーカーとしても利用できる。

TUF Dash F15
 

GeForce RTX 3070を搭載したゲーミングノートPC。ディスプレイは240Hz駆動で、バッテリーは16.6時間動作。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月