このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第614回

魚沼産スノービーチ(ブナ材)で創った「TANZAKU Lamp」を手に入れた!

2020年12月31日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

魚沼産の無垢のスノービーチ(ブナ材)を用いて曲げ木の先端技術で作ったストーリオ社のテーブルランプ「TANZAKU Lamp」(ツイスト型)を手に入れた

現代の生活にマッチし進化した
優美な曲線を持つテーブルランプ

 新潟県に革新的な"曲げ木"の加工技術を用い、合板ではない地場産の無垢の木材を使ってプロダクトを提供し続けているストーリオという企業がある。多くは無垢のクルミやカエデ、ケヤキなど国産の天然無垢材だ。今回は、そんなプロダクトの中から、現代の生活にマッチした進化した木製プロダクトをご紹介したい。

 曲げ木の加工技術を利用し、天然の無垢材を使用することで現れる最大の特徴は、カットした断面や、大きくうねる曲面、木の厚みが変わる側面部分などにも自然の美しい木目が現れることだ。

不思議な造形のタンザクランプを上手く収めたオリジナルパッケージで届いた

 革新的な"曲げ木"の加工技術で創り出された商品は、大小の緩やかな曲線を組み合わせたフォルムを創り出し、また時には板バネのような弾性を産み出し、その機能が実用的かつ全体のフォルムをきわめて美しい造形として表現するデザインとなっている。

筆者は数年前から同社の名刺ケースやペンケースを愛用している

 筆者は今も、以前、当コラムでご紹介したストーリオの万年筆ケースや名刺ケースをずっと愛用している。

見えない電源スイッチを押すと、今まで見えなかったLEDライトが明るく輝く

 今回ご紹介するTANZAKU Lamp(タンザクランプ)もこれらと同じ、同社の曲げ木技術を最大限生かしたプロダクトブランド"AvanWood"(アバンウッド)の製品群の一つだ。その中でもタンザクランプはきわめて優美な曲線のテーブルランプだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン