このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

純情のアフィリア電脳部<はみ出し版> 第17回

純情のアフィリアが裸眼なのに立体に興奮! ソニー「空間再現ディスプレイ ELF-SR1」を体験

2020年12月11日 18時00分更新

文● ASCII 写真●高橋 智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

未来のディスプレーが銀座で体験できる!

 アイドルがデジタルガジェットのことを勉強したり語ったりしちゃう「純情のアフィリア電脳部」。11月26日発売号の「週刊アスキー」では、新型ゲーム機の発売や年末のTV特番などで購入を検討している人も多そうな「最新テレビ」について学んでいる。このウェブ版では、テレビの先を行くディスプレーとも言うべき「空間再現ディスプレイ」を体験してきた模様をお届けしよう。

「純情のアフィリア」とは

 萌え業界の2大メーカー、志倉千代丸と桃井はるこがダブルプロデュースし、アニメ楽曲のタイアップなども多数担当している学院型ガールズ・ボーカルユニット。葉山カナ、雨宮セラ、桜田アンナ、優希クロエ、東城アミナ、渚カオリ、夏目ベール、そして電脳部部長の寺坂ユミ 、という個性的な8人のメンバーが所属している。最近ではTVアニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」のオープニングテーマを担当。アイドルファンはもちろん、アニメファンにとっても注目の存在だ。

ソニーショールーム/ソニーストア銀座

●住所 東京都中央区銀座五丁目8番1号 GINZA PLACE
●営業時間 11:00~19:00
公式ページ

 「見て、試して、こころが動く」がポイントな体験型の直営店。利用シーンをイメージしたその人にあった商品や使い方などを提案してくれるので、迷ったらまずは一度訪れてみよう。

空間再現ディスプレーってナニモノ?

 今回の参加メンバーは部長の寺坂ユミ、葉山カナ、夏目ベールの3人。

葉山カナ

●Twitter→@kana_afilia

葉山カナ

夏目ベール

●Twitter→@BeeL_afilia_

夏目ベール

寺坂ユミ

●Twitter→@129Ym_afilia

寺坂ユミ

ユミ 11月26日発売の「週刊アスキー」では最新テレビについていろいろと学んだんですけど、普通のテレビとは違うすごいのがあるって聞いたんですが……。

ソニー そうなんです。空間再現ディスプレーっていうものなんです。

空間再現ディスプレー"SPATIAL REALITY DISPLAY"「ELF-SR1」

カナ 空間再現!?

ベール なんかSFチックな……。

ソニー ディスプレーの上のフレームにあるカメラが人の顔を認識して、その人の目に合わせて左目と右目に違う映像を送り込むんです。

ユミ めちゃくちゃ難しいけど、すごそう!

ソニー  見る人の目の位置にあった映像をリアルタイムで生成して送るのですが、製品自体はさらにディスプレーの表面に微細なレンズが貼ってあるんです。それが左右の目に違う映像を別々に送り出してくれます。それを最終的に脳で一致させて立体的に見える、という仕組みになっています。ということでみなさん、ぜひ試してみてください。

ベール なにこれ!

カナ すご~い!

ユミ アトラクションみたい!

カナ 出てる! 「手前と奥」がちゃんとあるんだよ。

ベール 体験したことのない感じがスゴイ!

ユミ あぁー、車が前に出てきた。すごすぎる。

ベール コレ、いったいどうなってるんですか? さっき説明してくださったカメラがなかったらこうは見えないんですか?

ソニー カメラがなかったらこうは見えません。

ユミ 左右の目にそれぞれ、というのと脳で一致という話でしたよね……。

ソニー そうです。左右の目に違う映像を送ってる状態です。それをカメラが視聴者の目の位置を認識して最適な映像作り出している、というものです。真横から見るとぼやける映像になります。

カナ ホントだ。横から見ると違う!

ソニー 補足するとカメラのセンサーなんですが、ソニーの先進技術が入ったセンサーになっていまして、どこに目があるのかとかどれくらい目が離れているのかをすべてリアルタイムでセンシングしているんですですので、前後に動いたり、立って上から見たり、座って下から見たりすることで、背景の奥の方や、車体の下の部分など、映像が位置に合わせた角度から見えるようになります。

ユミ このサイズなのにめちゃくちゃ最新テクノロジーが詰め込まれてるのか……

ソニー こうした「立体空間を作り出す」というコンセプトで作られたのが、このディスプレーになります。

ベール 仮想現実みたい。

ユミ もうスゴすぎて……

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ