このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

個人なら無償 インテルMac用仮想環境アプリ「VMware Fusion Player 12」レビュー

2020年11月21日 14時00分更新

文● 柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

とりあえずライセンスを確保して、今後のバージョンアップに期待

 今回のVMware Fusion 12は、おそらくmacOS Big Surに対応することが、バージョンアップの最大の目的だったように思われる。Big Surではそれ以前のmacOSと比べて、仮想環境に対する扱いが大きく変化するからだ。ただしFusion 12は、Big Surの正式リリース前から利用可能になっていて、macOS Catalinaでも問題なく動作した。Big Surも正式にリリースされたので改めて確認したが、macOSのバージョンの違いを感じさせず、スムーズに動作する。

 Macでは、すでにApple Siliconへの移行が本格的に始まってしまったが、インテルCPUを搭載したMacの製品寿命は、まだしばらくは続く。インテルMacのメリットを最大限に活かすためにも、仮想環境ソフトウェアは有効だ。今すぐにMacでWindowsを利用する予定がない人でも、VMware社の気が変わる前に、とりあえずPlayerエディションのライセンスを確保しておくといいだろう。

 Parallels Desktopが、Parallels Toolboxに代表されるような便利な機能をこれでもかと提供したり、仮想マシン上のWindowsとmacOSとの徹底的な融合を図っていて、至れり尽くせりの感が強いのに比べると、VMware Fusionの機能や操作性は、かなり地味なものに感じられる。とはいえ、これで十分という用途もあるし、そう感じるユーザーも一定数いるはずだ。とりあえずPlayerエディションが無償で利用できるようになったのだから、試してみる価値は十二分にある。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中