このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第214回

USB-C充電器は特需が来そうだ:

iPhone 12に「ない」ものは?

2020年10月16日 16時00分更新

文● 山口健太 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhone 12発表。指紋や120Hz対応はなく、電源アダプタも別売となった

 アップルが発表した「iPhone 12」シリーズは、初の5G対応や片手で使えそうな小型モデルの追加など、見どころ満載の内容となりました。その一方で、いくつか「入っていない」ものもあるようです。

■指紋認証や120Hz対応はなし

 いま、iPhoneを使っていて気になるのがマスクをしているときの顔認証です。第4世代iPad Airでは電源ボタンに指紋認証を統合したものの、iPhone 12は顔認証のみ。マスク装着時に毎回パスコードを入れる不便さはしばらく続きそうです。

 画面周りでは、120Hz表示への対応がありませんでした。iPad Proは120Hz表示の「ProMotion」に対応しており、ハイエンドのAndroidスマホでも珍しくない機能だけに意外な結果といえます。逆に、ゲーミング性能を強化したAndroidスマホにとってはチャンスになりそうです。

iPhone 12 Proシリーズのディスプレイ。120Hz対応はなかった

 5G対応のキャリアパートナーとしては、NTTドコモ、au、ソフトバンクの名前が挙がりました。KDDIの説明では、これらのキャリアはアップルと密に連携し、5Gと4Gを使い分ける機能など徹底的な最適化を施したとしています。
一方、楽天モバイルの名前はなく、iPhone 12の仕様ページにも楽天のロゴは入りませんでした。

5Gのキャリアパートナー。日本ではNTTドコモ、au、ソフトバンクが確認できるが、楽天のロゴはない

 MVNOなどの話によれば、アップルとの直接取引には一定の数量を仕入れるなどの条件があり、それを満たせるのは事実上大手3キャリアしかないとみられています。今回もアップルはその方針を変えなかったようです。

 楽天やMVNOでiPhone 12シリーズを使いたい人は、まず各事業者が動作確認の結果を発表するまで待つのが無難です。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン