前へ 1 2 3 4 次へ

iPadやMacでポータブルSSD使ってみた 第8回

Apple純正SDカードリーダーとAmazonの999円SDカードリーダーの差も計測

MacBook AirとWindows PCで差はあるの?Samsung製SDカードPRO Plus&EVO Plusを検証

文●ジサトライッペイ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まとめ:公称速度に偽りなし!MacBook Airで使うなら純正SDカードリーダー、Windows PCの場合は要検討

 PRO Plus及びEVO Plusの検証は以上となる。Samsung製のSDカードと言えばここ数年はmicroSDカードが主流で、Nintendo Switchやスマートフォン、Surface Proシリーズといった、フルサイズカードが入らない環境で活用することが多かった。しかし、この度のフルサイズ製品の投入で、デジタルカメラなどでの用途においても積極的に市場にアピールしていくという方針なのだろう。

 性能は上々で、公称速度に偽りなく、UHS-I Class 3(U3)対応のモデルは4K動画撮影において十分使えるレベルだ。想定実売価格もPRO Plusは32GB/64GB/128GB/256GBで1380円/1980円/3580円/5980円、EVO Plusは32GB/64GB/128GB/256GBで980円/1480円/2580円/4980円と決して高くはない。ストレージ業界の巨人たるSamsungの信頼性と10年保証を考えれば、お買い得な部類に入るだろう。

 最後に、今回同社から配布されたレビュアーズガイドにユニークなソフトの案内があったので紹介しようと思う。

Samsung Card-UFD Authentication Utility

 この「Samsung Card-UFD Authentication Utility」は言わば、同社独自の偽物判定ソフトウェアだ。同社によれば、市場には外観が酷似した低性能な偽物が出回っており、それらを判定するためのソフトウェアだという。多数のフェイク製品が流通してしまうのも、SamsungがSDカード市場において一定の人気があるためだが、同社はこれを看過しない姿勢だ。こういった取り組みは製品への信頼にもつながると思うので、ぜひ続けていってほしい。なお、このソフトウェアは同社のサイトからダウンロードできる。ネットショッピングなどで安く購入したはいいものの、どうもほかの購入者よりも速度が遅いと思ったら、試してみるといいだろう。

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月