前へ 1 2 3 4 次へ

Apple純正SDカードリーダーとAmazonの999円SDカードリーダーの差も計測

MacBook AirとWindows PCで差はあるの?Samsung製SDカードPRO Plus&EVO Plusを検証

文●ジサトライッペイ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2020年10月13日、日本サムスンはフルサイズのSDカード、「PRO Plus」と「EVO Plus」を発表した。いずれも容量は32GB、64GB、128GB、256GBの4モデルをラインアップ。10月13日から順次発売を開始しているが、PRO Plusの32GBモデルと64GBモデルは11月下旬ごろとなる見込みだ。

 今回は早速そのサンプルを入手したので、その実力を検証していこうと思う。防水・耐熱・耐X線・耐磁・耐衝撃・耐落下・耐摩耗の7つの保護機能など、細かな特長は割愛するが、既報を参照してほしい。

PRO Plusの256GBモデルの表面

PRO Plusの256GBモデルの裏面

EVO Plusの256GBモデル表面

EVO Plusの256GBモデル裏面

OSはWindows&macOS、SDカードリーダーはApple純正&お安めモデルを用意

 検証するにあたり、ただ単純にテストするのもつまらないため、今回はWindowsの自作PCとMacBook Airを用意し、WindowsとmacOSにおける違いも見てみることにした。その都合上、SDカードリーダーはApple純正の「USB-C - SDカードリーダー」(4500円)を選んだ。また、それとは別にAmazonでmacOS対応を謳うお安めのSDカードリーダー(999円)も用意し、SDカードリーダーによって性能が変わるのかどうかも実験してみた。

Apple純正SDカードリーダー(4500円)。USB Type-CやUHS-IIに対応し、Type-Cを備えるiPad Proなどでも活用できる

Amazonで販売していたUSB Type-C対応のお安めSDカードリーダー(999円)。こちらはフルサイズスロットのほかmicroSDカードスロットも備える。対応規格などは不明

Windowsの自作PC検証環境
CPU Intel「Core i9-7980XE」(18C/36T、2.6~4.4GHz)
マザーボード ASUS「ROG RAMPAGE VI EXTREME」(Intel X299)
メモリー G.Skill「Trident Z RGB F4-4000C18Q2-64GTZR」(8GB×8、DDR4-3733で運用)
グラフィックス ASUS「ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING 」(GeForce GTX 1080 Ti)
ストレージ Intel「SSD 760p SSDPEKKW512G8XT」(NVMe M.2 SSD、512GB)
電源ユニット ENERMAX「MaxTytan EDT1250EWT」(1250W、80PLUS TITANIUM)
OS Microsoft「Windows 10 Pro 64bit版」(November 2019 Update)
MacBook Air(2020)検証環境
ディスプレー 13.3インチRetinaディスプレー(2560×1600ドット)
CPU Core i5-1030NG7(4C/8T、1.1~3.5GHz)
メモリー 8GB 3733MHz LPDDR4X(オンボード)
ストレージ 256GB PCIeベースSSD
グラフィックス CPU内蔵(Intel Iris Plus Graphics)
OS macOS Catalina(10.15.7)
前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月