前へ 1 2 3 4 次へ

ASRockゼネラル・マネージャーのChris Lee氏が語る、コラボメモリーのこだわりとは

ASRockとG.SKILLのコラボメモリー「SNIPER X STEEL LEGEND Edition」の実力をチェック!

文●藤田 忠 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ASRockゼネラル・マネージャーのChris Lee氏が語る、
SNIPER X STEEL LEGEND Editionの魅力とこだわりとは

 今回、SNIPER X STEEL LEGEND Editionの発売にあたって、ASRockのマザーボード・ゲーム周辺機器事業部ゼネラルマネージャーであるChris Lee氏に、お話できる機会を得られたので、お伝えしていこう。

ASRock マザーボード・ゲーム周辺機器事業部ゼネラルマネージャー Chris Lee氏

――G.SKILLとコラボレーションに至った経緯をお聞かせください。

Chris Lee氏:Steel Legendシリーズを購入した多くのユーザーから、メモリーに同じ迷彩柄のヒートスプレッダーを備えているG.SKILL「Sniper Xシリーズ」を組み合わせているという声を耳にしていました。そこで昨年からデザイン、メモリー性能の両方で高い評価を得ているG.SKILLと協力して、より高いパフォーマンスを引き出せるマザーボードとメモリーの組み合わせを提案、模索してきました。その結果、ここ数ヵ月で本格的にプロジェクトが進み、SNIPER X STEEL LEGEND Editionの発売につながりました。

10月9日から日本限定で販売がスタートしたSNIPER X STEEL LEGEND Edition

――日本ではG.SKILL製メモリーといえばLEDバーを備える「Trident Z RGB」が人気ですが、Sniper Xとコラボしたのはなぜですか?

Chris Lee氏:コストパフォーマンスが優れているSteel Legendシリーズと組み合わせるうえで、Sniper Xは市場で同じ位置付けになっています。また、近年の自作PCには、とくにデザイン性が強く求められていると思っていますので、トップカバーのデザインが合わせられるという点は、大きなポイントになります。そのため、今回のSteel Legendと、Sniper Xのコラボレーションは、デザインとコストの完璧な組み合わせといえるでしょう。

ASRockの中の人が完璧と語ったSteel Legendと、SNIPER X STEEL LEGEND Edition

――STEEL LEGEND Editionのこだわりを教えてください。

Chris Lee氏:トップカバーの迷彩柄はもちろん、ヒートスプレッダーのデザインもASRockで新たに作成させてもらいました。また、G.SKILLと協力して、Sniper Xのラインナップにはなかった"CL18"(CASレイテンシー)動作を、インテル、AMDどちらのプラットフォームでも安定動作するようにしています。

 そのうえ、この魅力的な組み合わせを選んでいただいたユーザーのために、完全な統一感を持っていただきたいと考え、Steel Legendシリーズと、STEEL LEGEND Editionを組み合わせた際にWindows 10起動時のロゴと、UEFIが変化するようになっています。

Steel Legendとベストマッチするトップカバーの迷彩柄と、ロゴが刻印されたシルバーのヒートスプレッダーがカッコいい

ヒートスプレッダーのSteel Legendロゴなどは、最近人気のある「長尾製作所(販売 親和産業)」のオープンフレームケースで組むと、映えそうだ

SNIPER X STEEL LEGEND Editionは、DDR4ー3600 CL18駆動を実現。XMPを呼び出すだけで、3600MHz、CL18-22-22-42、1.35Vで動作する

対応するSteel Legendシリーズと組み合わせることで、画面左下が変化する

PC起動時のUEFI画面とともにWindows 10起動中の画面も、ASRock&G.SKILLのロゴになる。所有者だけの特典だ

現在流通しているマザーボードは、自分で対応UEFIにアップデートする必要があるが、今後はデフォルトUEFIで変化するようになるだろう

SNIPER X STEEL LEGEND Edition UEFI対応マザーボード
AMD X570 Steel Legend
B550 Steel Legend
B550M Steel Legend
B450 Steel Legend
B450M Steel Legend
インテル Z490 Steel Legend

――最後に、日本の自作マニアに向けてメッセージをお願いします。

Chris Lee氏:リーズナブルな価格と優れたパフォーマンスを備え、デザインを統一したPCの構築をお探しの場合は、ASRock x G.SKILLのコラボ製品をご検討ください!

――ありがとうございました!

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月