ASRockゼネラル・マネージャーのChris Lee氏が語る、コラボメモリーのこだわりとは

ASRockとG.SKILLのコラボメモリー「SNIPER X STEEL LEGEND Edition」の実力をチェック!

文●藤田 忠 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲーミングPCにもおすすめ

 続いては「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズベンチマーク」と、「DEATH STRANDING」で、メモリークロックの影響を見ていこう。

 テストのビデオカードには、AMD Radeon RX 5700 XTを搭載するASRock「Radeon RX 5700 XT Challenger Pro 8G OC」を使用している。

 ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズベンチマークは、フルHDとWQHD解像度の画質設定「最高品質」で実行。スコアに加え、レポートに記載される平均と、最低フレームレートをまとめた。

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズベンチマークのスコア

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズベンチマーク。フルHD解像度時の平均、最低フレームレート

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズベンチマーク。WQHD時の平均、最低フレームレート

 体感で感じるほどのアップでないが、フルHD解像度時のスコアは10%程度アップし、平均フレームレートも約8fpsアップしている。WQHD解像度では差は縮まるが、3600MHzのメリットは出ている。

 実際のゲームでの検証にはDEATH STRANDINGを使用。解像度はフルHDで、画質の各種設定は最高を選び、「Fidelity: CAS」はオンに設定した。

 フレームレートは冒頭のシーンに登場し、描画負荷が高めになる川を横断したり、スタミナ切れを起こして流されたりしたところを120秒間記録。平均と最小(1%パーセンタイル)をまとめている。

DEATH STRANDINGのフレームレート

 実ゲームのDEATH STRANDINGでは、3600MHz動作となるF4-3600C18D-16GSXASの優位性が顕著に現れており、平均、最小(1%パーセンタイル)ともに10fps以上アップしている。あくまでも一例になるが、最小フレームレートが向上しているのは大きなポイントで、よりカクツキが少ないゲームプレイをねらえる。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月