• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ハクスラの要素も盛り込んだSFシューター

スクウェア・エニックスの新作TPS『OUTRIDERS』を体験レポート!

2020年10月02日 14時25分更新

文● ASCII

 スクウェア・エニックスから今冬発売予定のPlayStation 4/PlayStation 5/Xbox One/Xbox Series X/PC(Steam)向けソフト『OUTRIDERS』(アウトライダーズ)を体験することができた。ここでは、そのレポートをお届けしよう。

※本記事で使用している画像は開発中のため、日本の製品版とは表現に差異がある可能性があります。

アウトライダーズとなり
未知の惑星エノクで戦い抜け!

 本作の舞台は、地球に近い環境にある惑星エノス。しかし、この星は、時空が歪み電磁嵐が頻発する過酷な場所だった……。

 プレイヤーキャラクターとなる主人公が、30年のコールドスリープによる長い眠りから目覚めたところから物語はスタート。何もわからない状態で始まるので、プレイヤーも同じ目線でゲームを楽しむことができる。

 ゲーム開始直後は、キャラクターメイクへ。キャラクターは男女の性別が選べ、顔、髪型、マーキングから見た目を選択可能。また、「RANDOMIZE」を選べば、自動で顔が選ばれる。

「RANDOMIZE」を押していけば、どんどん顔の候補が変わっていく。非常にラク。

 外見を決めたら、次はキャラクタークラスの選択に。本作の主人公は、星からの影響で超能力を使うことが可能で、このクラスによって使用できる超能力が決まる。選べるクラスは、以下の4つ。

●トリックスター

・時空操作系のスキルを持つクラス
・ヒット&アウェイを得意とする
・全クラス随一の移動性能
・敵の足を止め、味方に攻撃のチャンスを用意する

●パイロマンサー

・炎を自在に操るスキルを持つ
・全キャラ随一の圧倒的な火力を誇る
・多数の敵を一度

●デバステーター

・大地の力を操るスキルを持つクラス
・全クラス中最大の体力と防御力を持つ
・最前線で敵の攻撃を一身に受けて味方を守る
・守備系のスキルを複数持つ

●テクノマンサ―

・テクノロジーと超常の力をあわせ持つ遠距離支援クラス
・タレットや機雷を設置し味方をサポートする
・防御力は低いがスキル次第では非常に高い火力を誇る

 今回のプレイでは、火力の高いパイロマンサーを選んでみた。

超能力をメインに使いつつ
迫り来る敵を倒していく

 キャラクターを決めたら、ゲームスタート。ステージでは、画面左上にあるミニマップに★マークが表示されるので、そちらを目安に進んでいく。キャラクターの操作は、左スティックで移動、左スティックと×ボタンで回避、L2ボタンで銃の構え、R2ボタンで武器を撃つ、R3ボタンの押し込みで近接攻撃、R1ボタンとL1ボタンはスキルの使用など。また、方向キーの上を押すと次に進むべき方向を光が示すという、プレイヤーをサポートするシステムも搭載している。

 

★マークでどこに向かえばいいのかわかる。グラフィックもキレイ!

 しばらくと進むと、敵が出現して早速戦うことに。序盤ながら敵がたくさん出てくるので、なかなか手ごわいが、全員を倒すことに成功。ちなみに、ミニマップに敵のいる位置が表示されるうえ、さらにメイン画面では敵の頭上に赤い点が表示されるので、敵のいる場所は把握しやすかった。

暗い場所でも、赤い点で敵の位置を確認できる

 本作では、銃撃よりもスキルのほうが威力が高めに設定されている。なので、まずはスキルで攻撃、フォローとして手持ちの武器を使うといった戦い方が基本になりそうだ。スキルは1回使うとクールタイムが入るが、だいたい10秒ほどで復帰するので、わりとガンガン使っていける印象だった。

 ちなみに、本作に回復アイテムは存在せず、スキルを使ったり、敵を倒すなど、クラスによって回復手段が変化する。このため、HPが減っても、積極的に攻めていったほうがいい場合も。

パイロマンサーの場合、スキル攻撃がヒットし、異常状態の敵を倒すと体力が回復する

キャラクターは成長し
装備品を集める要素も!

 本作では、敵を倒すことでキャラクターはレベルアップし、基本性能がアップする。また、選んだクラスごとにスキルツリーあり、そこにポイントを割り振ることで、自分好みにキャラクターを強化していくことが可能だ。

スキルツリーは大きく3つのルートが存在。基本は1つのルートを進めることになるが、リセットして別のルートを選ぶこともできる

 さらに、敵を倒したり、フィールドにあるボックスを開けることで武器などの装備品を入手できる。これを装備することで、さらにキャラクターを強化可能。武器や装備品のなかには、特殊効果を持つものもあるという。

 なお、本作にはWORLD TIERといって、物語の進み具合や敵の撃墜数などでゲーム難易度が上がっていくシステムを搭載。TIERが上がると敵が強化され、ゲームが難しくなるものの、よりよい武器や装備品が手に入るといったメリットがある。TIERはいつでも変更でき、下げたからといってデメリットはそれほどないので、難しいと感じたら下げてしまっていいだろう。

手に入れらるものはランダムで、WORLD TIERによっても変わってくるので、ハック&スラッシュのような楽しみ方もできる

シューター初心者も安心!
アクションRPG感覚で楽しめる

 キャラクターのレベルアップ要素や、スキル攻撃を当てれば体力を回復できるという復帰手段があるため、プレイした感覚はシューターというよりアクションRPG寄りな印象を持った。

 また、今回は体験できなかったが、メインのストーリー以外に、サイドクエストなども存在。さらに、いつでも最大3人のマルチプレイが可能とのこと。難しい場面では、協力プレイで乗り切るといったこともできそうだ。

 本作はシューター系のゲームだが、上記の要素により、初心者にも入りやすい内容になっている印象。実際、筆者はシューター系のゲームはほとんどプレイしたことがなかったが、アクションゲームのような感覚で楽しめた。発売日なども含め、今後もいろいろな情報が出てくるので、ぜひチェックしてみてほしい。

公式トレーラー

9/26 SQUARE ENIX PRESENTS at TGS 2020 Online

【ゲーム情報】

タイトル:OUTRIDERS(アウトライダーズ)
ジャンル:TPS(サードパーソンシューティングゲーム)
販売:スクウェア・エニックス
プラットフォーム:
PlayStation 4/PlayStation 5/Xbox One/Xbox SeriesX/PC(Steam)
発売日:今冬予定
価格:未定
マルチプレイ:1~3人のPvE
CERO:審査予定

   
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう