• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

今年のテーマはオンラインでも「通常営業」

コンパニオンさんも登場したTGS2020「D3P」特別生放送の裏側に潜入

2020年10月01日 11時00分更新

文● 高橋佑司 編集● ASCII

放送ギリギリ!?
ノリが良すぎるサブプログラムも熱い

 今回の「D3P生放送 #デジボクが地球を救う」では、スタジオが2つあり、メインスタジオとサブスタジオで、それぞれ番組収録を行なっていた。

 メインスタジオからは主に前述の「ブリーフィング Vol.1」のようなプログラムを配信し、サブスタジオでは、「ドリームクラブ パフォーマーズ」の中園彩香さん、黒須みらいさん、姫野つばささん、柳瀬晴日さん、寿々木はるかさん、蒼木鞠子さんらが中心になってバラエティー豊かなコーナーをお届けした。

サブスタジオでは「ドリームクラブ パフォーマーズ」が2チームに分かれ、ゲーム対決をしたり、大喜利をしたり、さまざまなお題で勝負

ダンスや縄跳びなど、結構体を使う種目も

今回、「ドリームクラブ パフォーマーズ」のメンバーは6人出演。写真は亜麻音(中園彩香さん)

みお(黒須みらいさん)

雪(姫野つばささん)

魅杏(柳瀬晴日さん)

理保(寿々木はるかさん)

ナオ(蒼木鞠子さん)

 また今回、D3Pの生放送では、歴代のD3Pブース衣装に身を包んだ5人のコンパニオンさんも出演し、スクリーンショット撮影会「スク小撮影会」も実施。

 普段の東京ゲームショウであれば、各ブースにコンパニオンさんがおり、イベントに彩りを添えている。そういった方たちを撮影するいわゆる“カメコ”の方も、毎年のイベントを楽しみにしていたことと思うが、今回はオンライン開催なため残念ながらそういった機会はほぼない。

 しかし今回のTGS2020でD3Pは、オンラインでもなるべくリアルのイベントと同じように楽しめるように、という思いで生放送を実施している。オンラインでカメコたちも楽しめるよう企画されたのがこの催しだ。

歴代のTGS D3Pブースの衣装に身を包んだコンパニオンさんが登場

2012年バージョンの衣装を着た日下部ほたるさん

2014年バージョンの衣装を着た藤嶋もなみさん

2016年バージョンの衣装を着た一之瀬雪乃さん

2017年バージョンの衣装を着た相田美優さん

2018年バージョンの衣装を着たReinaさん

サブスタジオの様子。メインスタジオほどではないがかなりしっかりした様子だ

 放送内のシーンを撮影したスクリーンショットをTwitter投稿し、番組フィナーレでグランプリに選ばれた視聴者にプレゼントを行なう、というものである。なかなかセクシーな衣装に身を包んだコンパニオンさんはそれだけでかなりのインパクトだが、ぎりぎりのアングルからの映像を配信したりと、攻めの映像はある意味必見だ。

コンパニオンさんのスクリーンショット用映像を撮影するため、超ローアングルラジコンカメラ「ススムくん」が出動。彼が撮影した映像が気になる人は放送をチェックだ……

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう