このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

リード毎秒5000MBを発揮! Seagate次世代SSDを搭載したTSUKUMOゲーミングPCをチェック

2020年10月02日 11時00分更新

文● 藤田 忠 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TSUKUMOのBTO PCブランド「eXcomputer」と言えば、その豊富なラインアップが魅力の1つ。ゲーミング向けの「G-GEAR」シリーズは、最近では動画の録画・ライブ配信向けにHDMIキャプチャーボードを標準搭載したAVerMedia推奨認定PCを投入するなど、最新・人気のPCパーツを意欲的に取り入れたコラボPCも続々と投入している。

 そんな「G-GEAR」シリーズの1つとして、PCI Express 4.0(PCIe 4.0)対応の次世代M.2 SSDを標準で搭載した「G-GEAR Powered by Seagate FireCuda Gaming」シリーズが登場した。最大の特長となるストレージは、最大5000MB/secの性能を発揮する次世代SSDのFireCuda 520 SSD 1TBを搭載。さらにデータ用に2TB HDDを備え、ゲームのプレイ動画や、編集した動画なども保存できるようになっている。

ドラゴンがモチーフになっているSeagateのゲーム向けSSD「FireCuda 520」

 シリーズには、CPUとビデオカードが異なる2つのモデルをラインアップ。なかでも優れたコストパフォーマンスが期待できるのが、8コア/16スレッドCPUの「Ryzen 7 3700X」と、カジュアルゲームだけでなく、画質設定次第で重量級ゲームも遊べるAMDミドルレンジGPU「Radeon RX 5600 XT」搭載ビデオカードを採用し、18万1280円からとなっている「GF7A-B202/XT」だ。

 もちろん、12コア/24スレッドの「Ryzen 9 3900X」とNVIDIA「GeForce RTX 2070 SUPER」搭載で24万1780円から購入できる上位モデル「GF9A-C202/XT」も魅力的と言えるが、「GF7A-B202/XT」は、さまざまなシーンで使える最新スペックのPCが欲しいけどどのPCを選べば良いか分からないという人に、まずおすすめしたい1台になっている。

 今回は、そんなG-GEAR Powered by Seagate FireCuda Gaming GF7A-B202/XTのパフォーマンスを検証していきたい。

G-GEAR Powered by Seagate FireCuda Gaming

「GF7A-B202/XT」は、CPUのBTO選択肢が豊富なのも魅力。Ryzen最上位で16コア/32スレッドの「Ryzen 9 3950X」を含めた6モデルを選べる

ビデオカードも上位のRadeon RX 5700 XTにカスタマイズ可能だ

「G-GEAR Powered by Seagate FireCuda Gaming」の主なスペック
型番 GF7A-B202/XT GF9A-C202/XT
CPU AMD「Ryzen 7 3700X」
(8コア/16スレッド、3.6GHz~4.4GHz)
AMD「Ryzen 9 3900X」
(12コア/24スレッド、3.8GHz~4.6GHz)
グラフィックス AMD Radeon RX 5600 XT GDDR6 6GB NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER GDDR6 8GB
マザーボード ASRock「X570 SteelLegend」
(AMD X570)
メモリー 16GB(DDR4-2666 8GB×2)
ストレージ
(システム)
Seagate「FireCuda520 SSD」
(PCIe Gen4.0×4、NVMe、1TB SSD)
ストレージ
(データ)
Seagate「BarraCuda」
(7200rpm、SATA、2TB HDD)
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース フロント:USB 3.0×2、ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1
リア:PS/2ポート×1、USB 3.1(Gen2)Type-A×1/Type-C×1、USB 3.0 Type-A×6、オーディオ入出力端子×5、SPDIF×1、DisplayPort×3、HDMI×1、有線LAN端子×1
サイズ 幅190×奥行き475×高さ435mm(本体のみ、突起含まず)
OS Microsoft「Windows 10 Home(64bit)」

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ