• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

禁酒法時代の雰囲気が漂うオープンワールドゲーム

「マフィア コンプリート・エディション」はギャング映画の気分が味わえるクライムアクション・アドベンチャーのリメイク作

2020年09月25日 16時00分更新

文● 市川 ●編集 ASCII

2002年にリリースされてから18年の時を経てリメイクされた「マフィア」シリーズ1作目「マフィア コンプリート・エディション」

 私は、ギャング映画が大好きだ。とくに1930年代のアメリカ(禁酒法時代)を舞台にした、マフィア黄金期のクライムストーリーがたまらなく好きだ。それに該当するギャング映画の例として、伝説のギャングスター「アル・カポネ」との戦いを描いた「アンタッチャブル」や、4人の男たちの友情と破滅を描いた「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」、ヴィト・コルレオーネの栄光を描いた「ゴッドファーザー Part II」などが挙げられる。

 裏社会を生きる男たちの栄光と悲哀、ファミリーの在り方、生々しいバイオレンス。純粋な正義が存在しない世界を生きる人間たちのドラマに渋みを感じ、そして惹きつけられる。いうなればハードボイルド。それが、ギャング映画を愛する最大の理由だ。

 さて今回紹介するゲームは、2Kが販売、Hanger 13が開発したクライムアクション・アドベンチャー「マフィア コンプリート・エディション」。本作は、2002年にリリースされた「Mafia: The City of Lost Heaven」のリメイク作で、マフィアシリーズ3部作の記念すべき第1弾となる。禁酒法時代を背景に、架空の街「ロスト・ヘヴン」で描かれる血塗られたクライムストーリーを体験できる。さらに、1930年代の雰囲気が漂うオープンワールド要素、ギャング映画のアクションを体験できるゲーム性も特徴となっている。

 シリーズ2作目の「マフィアII」と3作目の「マフィアIII」はプレイ済みで、ギャング映画の魅力盛りだくさんのゲーム性に魅了された。今ではマフィアシリーズのファンを自称するほどだが、肝心の1作目(オリジナル版)は諸事情によりプレイできずにいた。今回、オリジナル版のリメイク作であるマフィア コンプリート・エディションをいち早くプレイする機会に恵まれたので、本作のレビューを紹介する。

禁酒法時代のアメリカを再現したオープンワールドゲーム

高層ビルが多く立ち並ぶ都市エリア

ダウンタウン

自然に恵まれた田舎町

 本作の舞台は、アメリカのシカゴを連想させる架空の街、ロスト・ヘヴン。高層ビルが立ち並ぶ都市部をはじめ、閑静な住宅街、工業&港湾地帯、田舎町など複数のエリアで構成されている。マフィアシリーズを象徴するオープンワールドゲームは健在で、時代の雰囲気を忠実に再現した舞台を自由に探索することができる。活気に満ちた街を探索するというオープンワールドゲームならではの楽しみ方があり、1930年代の雰囲気に浸りたい人のツボを刺激することだろう。

主人公のトミー・アンジェロはタクシー運転手として生計を立てていたが、とあるきっかけでマフィアの世界へ転身することに

サリエリ・ファミリーに忠誠を誓い、出世の道を歩んでいく。ファミリーや仲間との絆、敵対するファミリーとの抗争などが描かれる

 タクシー運転手だったトミー・アンジェロは、とあるきっかけでマフィアの世界に足を踏み入れ、出世の道を歩むことになる。ファミリーとの絆や敵対ファミリーとの抗争、主人公の生き様など、ギャング映画らしい要素を詰め込んだ濃厚なクライムストーリーが展開される。ギャング映画を鑑賞しているような感覚でプレイできるのがたまらなかった。

 本作をプレイする際、オリジナル版で描ききれなかった緻密な人間ドラマに注目してもらいたい。現世代のグラフィックで描写されるキャラクターの表情はかなり細かく、実写と見間違えてしまうほどだ。オリジナル版とリメイク版を比較すればその差は一目瞭然。約18年もの間で劇的に進化したグラフィックが高い没入感を生む要因となっている。高リフレッシュレート対応のゲーミングディスプレーでプレイしたら、さらなる没入感が得られるかもしれない。

最新のグラフィック性能により、街の作り込みはオリジナル版以上に緻密でリアル。ミッションを忘れて街の探索に励むのも悪くない

 オリジナル版と同様、本作はメインミッションをクリアしていく一本道なオープンワールドゲームを採用。従来のオープンワールドゲームと比べるとやり込み要素は控えめだが、その分ストーリーとステージのクオリティーは高く、全体的にかなり渋めの内容に仕上がっている。ギャング映画をプレイしたい人に最適なタイトルといっていいかもしれない。クリア時間は10時間前後で、長すぎず、そして短すぎずといった塩梅だ。ストーリー重視のゲームにしてはちょうどいいボリュームといえる。

初仕事は、バッドで敵の車を破壊すること。ギャング映画でもよく描かれるシチュエーションなので、ファンなら思わずニヤリとしてしまうかも

 本作を含むマフィア三部作をプレイしてみて、ギャング映画のお約束をしっかり抑えている点が個人的にうれしいと感じた部分だ。ストーリー展開はもちろん、ファミリー内のやりとりやバイオレンスシーン、雰囲気はギャング映画ファンの心を鷲掴みにするほどの魅力が詰まっている。プレイ中、私は何度も何度もニヤリとしたものだ。ギャング映画ファンの私がニヤリとするということは、世界観の構築がしっかり成されている証しとっても過言ではない。本作は、ギャング映画を疑似体験したい人の夢をかなえてくれるタイトルというべきだろう。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう