このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第154回

iPhoneのコントロールセンターから素早く低電力モードに切り替えてバッテリー消費を抑える

2020年09月11日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 低電力モードはiPhoneの消費電力量を抑えるための機能ですが、iPhoneのコントロールセンターから、すばやく低電力モードに切り替える方法があるのをご存じでしょうか?

 まずはコントロールセンターに低電力モードのアイコンを追加する方法から。「設定」を開き、「コントロールセンター」から「コントロールをカスタマイズ」を選択し、「低電力モード」という項目左側の「+」(プラス)を押します。

 続いてホーム画面に戻り、コントロールセンターを開きます。iPhone 8以前の機種は、画面下部から上方向に向かってスワイプし、iPhone X以降の機種は画面の右上端から下方向に向かってスワイプすることで、コントロールセンターを表示できます。後は低電力モードのアイコンをタップするだけ。

 一度、低電力モードをコントロールセンターに追加しておくと、次回からすばやく低電力モードをオンに切り替えることができます。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中