このページの本文へ

TCLの新SIMフリースマホ「TCL 10 Lite」は4眼カメラで2万6800円

2020年07月28日 11時00分更新

文● オカモト/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FOXは28日、「TCL PLEX」「TCL 10 Pro」に続く、TCLブランドのSIMフリースマホ第3弾「TCL 10 Lite」を発表した。価格は2万6800円(税込)。FOX ONLINE STOREを始め、Amazon.co.jp、ビックカメラグループ、ヨドバシカメラなどで予約受付を開始。7月31日の発売を予定している。

TCLから2万円台のお手頃モデル「TCL 10 Lite」が登場

ディスプレーと4眼カメラがアピールポイント
6GBメモリー搭載など高い基本スペックで2万円台半ば

 価格的にはミドルクラスに位置づけられるTCL 10 Liteだが、その強味は上位モデルと同様に高画質ディスプレーと4眼カメラとされている。

 まずディスプレーはパンチホール式カメラの6.53型液晶(19.5:9、1080×2340)を搭載。画面占有率は約91%。テレビメーカーでもあるTCLの技術により、正確な色調再現が行なわれているとのこと。また、ディスプレーエンジンの搭載でリアルタイムでの最適化処理、HDR10コンテンツの再生、SDRからHDRへのアップコンバートなどが可能になっている。

今回もディスプレーが自慢

リアルタイムでの最適化処理を施す

 カメラは4眼で、4800万画素カメラをメインに、800万画素の超広角、200万画素のマクロ、200万画素の深度測定の組み合わせ。AIにより、被写体を自動で認識して、最適な設定で撮影してくれる。またインカメラは1600万画素で、4つの画素を1つの大きなピクセルとして扱うことで、暗い場所でもより明るくセルフィーを撮影できる技術も搭載されている。

カメラは4眼構成

暗い場所でも明るい自撮りが可能

 そのほか主なスペックは、Snapdragon 665、6GBメモリー、128GBストレージ、4000mAhバッテリー、Android 10など。生体認証として背面の指紋センサーとともに顔認証にも対応。側面の「スマートキー」では、短押し/長押し/ダブルクリックの3つの操作に任意の機能を割り当てられる。SIMスロットはシングル(nanoSIM)で、国内主要3キャリアのSIMに対応する。

 カラバリはアークティックホワイトとマリアナブルーの2色。背面にはホログラフィック加工が施されており、光沢感のある立体的な見た目とシンメトリーなデザインが特長となっている。

左がアークティックホワイトで、右がマリアナブルー

 なお、FOXではTCL 10 Lite用のアクセサリーも用意。スポーツブランド「FILA」、ファッションブランド「LANVIN」とコラボしたクリアケースがFOX ONLINE STORE限定で販売され、価格はともに税抜3300円。また、FOX ONLINE STOREでTCL 10 Liteを購入したユーザーには、同社が運営するスマホケース販売サイトの「caseplay jam」で利用できる、5000円分のギフトコードが特典として提供される。

FOXからは専用ケースも登場

「TCL 10 Lite」の主なスペック
メーカー TCL Communication
ディスプレー 6.53型液晶(19.5:9)
画面解像度 1080×2340
サイズ 75.6×162.2×8.4mm
重量 180g
CPU Snapdragon 665(オクタコア)
内蔵メモリー 6GB
内蔵ストレージ 128GB
OS Android 10
対応バンド LTE:1/3/8/18/19/26
W-CDMA:1/6/8/9/19
4バンドGSM
カメラ アウト:4800万画素
+800万画素(超広角)
+200万画素(マクロ)
+200万画素(深度センサー)
/イン:1600万画素
バッテリー容量 4000mAh
生体認証 ○(指紋、顔)
USB端子 Type-C
SIM形状 nanoSIM
SIM形状 アークティックホワイト、マリアナブルー
発売時期 7月31日
 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン