このページの本文へ

ADATA「AGAMMIXS50-1TT-C」、「AGAMMIXS50-2TT-C」

ADATAからリード5000MB/secのPCIe 4.0対応SSDが発売

2020年07月25日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCI Express 4.0に対応したNVMe M.2 SSD「XPG GAMMIX S50」シリーズがADATAから発売された。登場したのは1TB「AGAMMIXS50-1TT-C」と2TB「AGAMMIXS50-2TT-C」。価格は2万3980円と4万9800円。

PCI Express 4.0に対応したNVMe M.2 SSDがADATAからも登場。価格は他社とそれほど変わらず。専用ヒートシンクを備えている点は忘れないようにしたい

 コントローラーにPhison「PS5016-E16」、NANDフラッシュに3D TLC NAND「BiCS4」を採用するPCI Express 4.0対応の最新SSD。キャッシュメモリーはDDR4で、データの整合性や完全性を保証するため「LDPCエラー訂正コード」や「エンドツーエンドデータ保護」「RAIDエンジン」などの機能を搭載する。

 主なスペックはシーケンシャルリード5000MB/sec、同ライト4400MB/sec、ランダムリード60万IOPS、同ライト50万IOPS、書込耐性は3600TBW(1TBモデルは1800TBW)。また、SSDの温度を最大10度下げるという、専用のアルミニウム製ヒートシンクを備えるが、取り外しできないためマザーボードに搭載する際には注意が必要だ。

 販売しているのはパソコンショップアークとTSUKUMO eX.だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中