このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説 第83回

携帯料金値下げには「新しい指標」必要 坂井元総務副大臣ら

2020年07月23日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月30日、菅義偉官房長官が会見で「携帯電話料金は値下げの余地がある」と発言。菅官房長官の値下げ要求は、すでに2018年夏から続いている。その間、キャリアは新料金プランを投入するなど、政府からの圧力に応じてきたが、消費者からすれば「劇的に通信料金が安くなった」という実感はない。

 そんな中、自民党の有志議員2名が独自に「通信料金の国民負担引き下げに向けた勉強会」を開催。半年以上かけて様々な通信業関係者や総務省にヒヤリングをして、「通信料金の国民負担引き下げに向けた提言」をまとめ、このほど、菅官房長官に提出した。

 はたして、どんな提言になっているのか。提言をまとめた自由民主党で元総務副大臣の坂井 学衆議院議員と大串正樹衆議院議員に話を聞いた。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン