前へ 1 2 3 次へ

iPadやMacでポータブルSSD使ってみた 第1回

Gen.2の速度に感動! USB 3.1 Gen.2対応のSamsung製ポータブルSSDに注目

文●藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 手のひらにすっぽり収まる名刺入れサイズでテラバイトの容量をラインナップするSamsung製コンパクトSSD「Portable SSD T」シリーズ。

 同シリーズの魅力であるコンパクト&軽量ボディを継承しつつ、容量アップやUSB 3.1 Type-Cコネクターの採用などの進化を続けてきたが、8月18日に発表された最新モデルの「Portable SSD T5」で、ついに最大転送速度10GbpsとなるUSB 3.1 Gen.2に対応した。

 前モデル「Portable SSD T3」と同じ、高級感と耐衝撃性に優れるアルミボディーに、74(W)×57.3(D)×10.5(H)mmのコンパクトサイズ、AES 256bitのハードウェア暗号化機能といった点はそのままに、最大転送速度は「Portable SSD T3」の450MB/秒を超える540MB/秒にパワーアップしている。そんな「Portable SSD T5」の500GBモデルを実際に使ってみた。

「Portable SSD T5」。250GB、500GB、1TB、2TBをラインナップ。ボディカラーは250GBと500GBが「Alluring Blue」、1TBと2TBが「Deep Black」になっている

 上下の向きに関係なく差せるUSB Type-CコネクターとブルーLEDのアクセスランプを備えている「Portable SSD T5」。USB 3.1 Type-A to CとType-C to Cタイプのケーブルが各1本付属しているので、購入してすぐ使用できる。

 バスパワー駆動対応で、Windows 7以降やMac OS 10.9以降のPCとAndroid 4.4以降のスマホをサポート。標準のフォーマット形式はexFATを採用しており、パスワード設定を行なうアプリの「Samsung Portable SSD Software」はWindowsとMac用があらかじめストレージ内に収録されている。「Portable SSD T5」の接続と同時に、AES 256bit 暗号化機能によるファイル保護を利用できる。

Samsung Portable SSD T5シリーズの主要スペック
型番 MU-PA2T0B MU-PA1T0B MU-PA500B MU-PA250B
容量 2TB 1TB 500GB 250GB
インターフェース USB 3.1 Gen.2(10Gbps)
サイズ 74(W)×57.3(D)×10.5(H)mm
重量 51g
シーケンシャルリード/ライト 540MB/秒
UASP Mode サポート
耐衝撃性 1500G/0.5ms
耐振動性 20G 非動作時(10~2000Hz)
対応OS Windows 7~、MacOS 10.9~、Android 4.4~
保証期間 3年間
転倒想定売価 12万円前後 6万円前後 3万円前後 2万円前後

名刺入れよりもコンパクトな74(W)×57.3(D)×10.5(H)mmサイズの「Portable SSD T5」

金属ボディの表裏には、SamsungやPortable SSD T5の文字が入っている

Type-Cコネクター側には、ブルーLEDのアクセスランプを装備している

USB 3.1 Type-A to CとType-C to Cタイプのケーブルが付属しているので、別途ケーブルを購入せずに使える

WindowsとMac用の「Samsung Portable SSD Software」を、あらかじめストレージ内に収録。Android版はGoogle Playからダウンロードする形になる

アプリをインストールして、パスワードを設定すればAES 256bitのハードウェア暗号化機能でファイルを保護

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月