このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第128回

iPhoneで音声ナシの動画を作成する方法

2020年05月27日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneで撮影した動画は写真アプリに保存されますが、実はiOS 13以降のバージョンであれば、動画の音声を消すことができます。つまり音声なしの動画を作成できます。

 写真アプリをタップして、「メディアタイプ」という項目内の「ビデオ」を選択します。音声を消したい動画を選び、画面右上に表示される「編集」をタップします。

 動画の編集画面で左上の「サウンド」アイコンをタップすることで動画の音声を消すことが可能です。ただし、これは動画ファイルから音声ファイルを削除するものではなく、音声を一時的に消音(ミュート)できる、というもの。同じ手順で再び「サウンド」アイコンをタップと、消音を解除することが可能です。

 動画の編集で一時的に音声を消しておきたいときなどに使ってみましょう。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中