このページの本文へ

ソフトバンクショップ、0.5秒で検温できるAIソリューションを導入

2020年05月20日 08時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクは5月19日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止策として、全国のソフトバンクショップおよびワイモバイルショップに、AI検温ソリューションを導入すると発表。

 今回導入するのは、子会社の日本コンピュータビジョン(JCV)が開発・提供しているAI検温ソリューション「SenseThunder(センス・サンダー)」。AI(人工知能)を活用した顔認識技術と赤外線カメラにより、対象者がマスクや眼鏡を着用したままでも、所要時間0.5秒でスピーディーに体温を測定できるという。

 現在、全国のソフトバンクショップおよびワイモバイルショップでは、非接触体温計を使った検温を実施している。今後は同ソリューションを活用し、検温を自動かつ、即剤に実施することで、店舗スタッフの業務負荷を削減し、ユーザーにとってより安全で安心できる店舗環境を整備するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン