このページの本文へ

ソフトバンク、福岡県や熊本県などでWi-Fiを無料開放

2020年07月09日 17時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクは7月9日の12時から順次、令和2年7月3日からの大雨の影響にともない、福岡県、熊本県、大分県、鹿児島県の全域で、公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料開放すると発表。

 Wi-Fiに対応したスマホやタブレットなどを利用していれば、ソフトバンクのユーザーに限らず、誰でもソフトバンクWi-Fiスポットのサービスエリア内で通信が可能になる。

 利用方法は、Wi-Fi対応機種で、ネットワーク名(SSID)「00000JAPAN」を選択する。なお、緊急時の利便性を優先するため、通信の暗号化などのセキュリティー対策は講じていない。個人情報などの重要な情報の入力は極力避けるように、注意を呼びかけている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン