このページの本文へ

新型コロナウィルスで外出できない状況を踏まえ:

finalが、イヤホン1000台を無償提供、リモート会議や自宅学習にも便利な2モデル

2020年04月27日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 S'NEXTは4月27日、STAY HOME協力企画として、finalブランドのイヤホン「E1000」「E500」を抽選で合計1000本、無償配布すると発表した。

さまざまなコンテンツが楽しめ、在宅勤務・学習にも便利な2機種

 新型コロナウィルスによって自由な外出ができない中、S'NEXT社内ではリモートワークを実施しているが、スタッフの間でも「小さな子どもがいる環境でリモート会議を実施するのが大変」「中学生の子どもが通う塾が急遽タブレットでの授業になり、マイク付きイヤホンが必要」といった声が出ているという。

 そこで、リモート会議や授業にも使えるマイク付きイヤホン「E1000C」500台と、音の方向感を再現する技術が用いられ、音楽だけでなく動画鑑賞やゲームに最適なイヤホン「E500」500台を、それぞれ提供することとした。

 応募に特別な資格や条件はなく、日本国内に居住し、郵便物・宅配物の受け取りが可能な人が応募フォームに入力するだけとなる。期間は2020年4月27日(月)~2020年4月30日(木)正午。当選者には、直接賞品が発送され、再配達がないよう5月1日から順次ポスト投函で送付するという。

マイク付きのE1000C、動画やゲームにも適したE500

 E1000Cは、最新の音響工学、心理学に基づいた音作りで、強調感のない自然なサウンドを特長とする。音楽鑑賞はもちろんのこと、リモート会議や学習などに長時間使用しても聴き疲れがないとする。ハンズフリーマイクが搭載されており、作業をしながらの通話も可能だ。

 E500は、バイノーラル技術を用いて音の方向感を再現するゲームやVRコンテンツを再生するための新たな研究成果から誕生。バイノーラル制作された音源特有の違和感が少なく自然な音色により、音源そのものに集中することが可能とする。ゆっくりと映画や動画などを視聴したり、ゲームを楽しむのにも適している。

 S'NEXTの担当者は以下のようにコメントしている。

 「私達SNEXTにできることは小さく、大きな流れの中で何かを変えるには至りません。幾つかのリスクも想定され、迷いが生じておりました。そのため今回の企画はアイデアが出てからも実行できないままリモートワークの日々を過ごして参りました。しかし、様々なアーティストや企業から提供される素晴らしいコンテンツに触れる中で、私達ができることは小さくても実行しよう、と考えを変えるに至りました。現在の状況下で、少しでも日々の生活の快適さや新たなコンテンツに出会うお手伝いができればと、スタッフ一同心から願っております」

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン