このページの本文へ

端子が選べる「ヘッドホン用シルバーコートケーブル」

SNEXTがイヤホンケーブルのセミオーダー販売を開始

2020年07月22日 12時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 S'NEXTは7月21日、自社ブランドfinalの新しいケーブル販売サービスを開始すると発表した。合わせて、ケーブルの新製品の発売も発表している。

final ヘッドホン用シルバーコートケーブルセミオーダー

 finalブランドでは、「ヘッドホン用シルバーコートケーブル セミオーダー販売」を開始。ゼンハイザーのヘッドホン「HD800」「HD600」シリーズに加え、「3.5mmモノラルプラグ採用ヘッドホン」にも新たに対応する。

 従来、接続機器側のプラグ種類として「2.5mm」「3.5mm」「4.4mm」「6.3mm」「XLR」「XLR(フルテック601MR)」「XLR(ノイトリックNC3MXX)」の計7種のプラグを販売していたが、より幅広いニーズに対応するためとして、「XLR/フルテック(701MG)」「6.3mmバランス(ノイトリックNP3X-B)」の2種を追加。計9種類からプラグ形状を選択できるようになった。

 さらに、ケーブルの長さもカスタマイズが可能。「1.5m」「2m」「3m」「5m」「6m」の5種から選択できる。

 スーパーコンピューター「京(kei)」用のケーブルの開発、製造で知られる潤工社との共同開発品で、導体にはシルバーコートが施された0.08mm線材50本の3本縒り仕様のものを採用。絶縁皮膜の素材には、最も誘導率が低いとされるPFAフッ素ポリマーを、外被にはPVCを採用する。

 オンラインショップSNEXT DIRECT SHOP、秋葉原直営店final STOREのみの受注生産販売。7月22日12時から予約を開始し、7月30日10時から発売を開始する。受注生産品となり、注文後3週間~1ヵ月ほどの納期となる。価格は組み合わせによって変動。

イヤホン用シルバーコートケーブル2Pin仕様

 「イヤホン用シルバーコートケーブル」は、スーパーコンピューター「京(kei)」用のケーブルを開発、製造していることでも知られる潤工社との共同開発品。

 従来はMMCXコネクター仕様の販売のみだったが、2Pinコネクターのモデルがラインアップに加わる。2Pin端子には自社設計パーツを使用。汎用性が高いとされるΦ0.78規格を採用している。

 接続機器側のプラグ種類は「2.5mm」「3.5mm」「4.4mm」の3種類。さまざまなオーディオプレーヤーとの組み合わせが可能だ。オンラインショップSNEXT DIRECT SHOP、秋葉原直営店final STOREを通じて販売。7月22日12時から予約を開始し、7月30日に発売する。価格は1万9800円になる見込み。

「OSLOケーブル」の2Pinモデル、FitEar製2Pinモデル

 同社が取り扱うシンガポールのハイエンドオーディオブランドDITAの新製品もラインアップに追加された。

 アップグレードケーブルとして人気の「OSLOケーブル」の2Pinモデル、FitEar製2Pinモデルだ。

 線材には、特殊オイルコーティングが施された「PC-Triple C長結晶無酸素銅」を使用。シルバーとゴールドのナノ粒子をブレンドしたスクワランオイルを使用することで、直径およそ百万分の8ミリメートルの極小の粒子が線材を覆い、音楽信号の伝達やインピーダンスに影響を与える表面の微細な凹凸を滑らかにするという。

 被膜はポリエチレン製。プレーヤー側の端子は、交換可能な「AWESOMEコネクター」を採用。3.5mmステレオミニプラグに加えて、バランス接続の2.5mmプラグ、4.4mmプラグも同梱する。

 秋葉原直営店final STOREで販売。7月22日12時から予約を開始し、7月30日に発売する。価格は2Pin対応モデルが6万6000円、FitEar製2Pin対応モデルが7万9800円になる見込み。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン